雨男博士の日常

もうすぐバレンタインか



こんばんは、雨男です。
写真はデザートのチョコレート。
このまえのフランス出張の時の。

1月も今日で終わり。
来月もあわただしくなりそうな、予感。

年度末までは、まぁ、がんばろう。

先週末に毎年恒例の研究会があり、
その手伝いをしていたのですが、無事、なんとか成功におわった。
多くの参加者とみのりある議論。
ほっと一息。

で。
次は、委員をしている研究会で
はじめての連携企画。
これもうまくいくといいな。
今日はその発表者にメールをおくったところ。
レスポンスも早く、コーディネーターの方もノリ気

これもがんばっていこう。


スポンサーサイト



  1. 2017/01/31(火) 22:51:48|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昼はコロッケそば


こんばんは、雨男です。
職場の食堂には、コロッケそばという
まぁ、あたたかいおそばにコロッケをのせただけの
メニューがあるのですが、
これ、
どうしてみんなおそばにコロッケのせないの?ってくらいおいしい。
おにぎりがあれば、
コロッケをおかずにしてもよし。
うまい。

ということで、そばライフ満喫中の雨男にはかかせない昼ご飯となっています。

  1. 2017/01/26(木) 23:09:58|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪空を眺めて

こんばんは、雨男です。
大阪でも雪がちらりほらりということで
窓の外にふきすさぶ雪をながめて、ふと
芥川龍之介の羅生門の一節を思い出しました。

いわば、
どうにもならないことを、
どうにかしようとして、
とりとめもない考えをたどりながら、さっきから朱雀大路にふる雨の音を、聞くともなく聞いていたのである。 
(芥川龍之介 羅生門より)


この小説、
高校生の教科書にいまもあるのかどうかよくわからないのですが、
高校生にはむずかしいのではないかなぁと。

自分のちからでは、どうしようもないこと、
人生の闇の淵を
かいま見たものでしか
感じ得ない虚無感。
社会の不条理、矛盾。
自分の限界や挫折に直面して
前に進むことも
下がることも、どうしたら良いのかわからない時に
こういった心境に、
聞くこともなく聞いている有様があてはまるのではないか、と。

そう思った今日この頃です。
  1. 2017/01/24(火) 22:43:42|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初心



こんばんは、雨男です。
”この道を選んだきっかけは?”みたいな問いかけに
皆さんはどう答えておられるのかなって
疑問におもうのですが、
自分のばあい、
なし崩し的にというか
なんとなくすすんでいた道が今に至るというところで
そこにドラマみたいなものは
ないなぁと思ったりするのですが、、、

ただ、自分が良いと思った道を
納得いくまですすんでみるということも
いくつもの選択肢がある今、
良いのかな、と。

初心
確認する時間が欲しいな.と.
  1. 2017/01/22(日) 22:59:20|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふぶき

mori7

こんばんは、雨男です。
今日は吹雪のなか、3月あたりからはじめる調査の下見やらナンやら
という感じで
ひさびさに山登りしたり、
あちこち歩き回って
けっこうくたくたな感じで。

明日は土曜日ということで
ゆっくりと休もう

  1. 2017/01/20(金) 22:43:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

レトロ鉛筆削り



こんばんは、雨男です。
後輩たちにカッターナイフを用いた鉛筆の削り方を教えていて、
懐かしくなったこの鉛筆削り。
父親が使っていたものが
あるという実家。
いまでも現役で削れます。
かぎ爪のような金具でしっかり固定して、
ガリグリゴリというまたなんともいえない音で削る感じが好き。

とはいえ、雨男は
カッターナイフで毒針のように芯を尖らせて
鉛筆を削るのですが、、、、

シャープペンシルが一般的で
ボールペンをたまに使うような大学生に
2Hの鉛筆の奥深さを語ったって
なんだこのおじさんは、って感じなのでしょうが、、、、

だけど、基礎。
基礎を怠ると、やっぱりだめだよね、と。
  1. 2017/01/17(火) 23:10:05|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落日の思想史

こんばんは、雨男です。
かつて
地中海の富を掌握した都市カルタゴを滅ぼし、
繁栄の礎をローマが築いたとき、
炎につつまれたカルタゴの街をみた小スキピオは
”我がローマもいつかこういう日がくるのだろうか”と
語ったそうです。

この挿話が現代に生きる我々の胸を打つのは、
現実にローマがゲルマン人の侵攻によって陥落し、
古代帝国もまた滅びる運命にあった、という史実だけではないのかな、と。

人が、人生の頂とも思える場所に登ったとき、
そこから奈落へ落ちる様をも予見してしまうという
摂理を語ったからではないかな、と。

歴史が、”世界史”が1つの階段を上っていくように
記された時代は終わりつつあって、
むしろ、山あり谷ありという
波長のものとしてとらえられつつある、
現在、
繁栄に向かう最中に
落日をみた小スキピオの言葉は、
現代においても意味があるのだろうな、と。

ひさびさに
弓削先生の名著を読んで考えた次第です。



  1. 2017/01/16(月) 22:59:45|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆきの夜



こんばんは、雨男です。
写真は、2年ほど前のこの時期にたちよった中崎町の喫茶店。
夜の中崎町は、すこし幻想的でよいですね。

寒波襲来ということで、
凍結した道を車ではしって、実家に。
トマト鍋をたべつつ、すこし休憩したところ。
なんだか昨年、一昨年と
頑張りすぎたかな、ということもあり、
ことしはすこし休もう.と。
無理しすぎたかな、と。

ひさびさに中崎町にもいってみよう。

  1. 2017/01/15(日) 19:53:03|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サーモン

こんばんは、雨男です。
このところ、いろいろとあってつらかったのですが、
タフでなければ
生きられないというところで、
がんばるしか、ないですよね。

”かっこわるい、毎日をがんばりましょう”

さて、
年末に友人と食事にいった時のはなし。
サーモン食べました。
冬らしく、サーモン。
梅田のサーモンベーネ。
イタリアン?な美味しいお店で
前菜、パスタ、どれもサーモン満点でおいしくて
満足でした

サーモンベーネ 梅田茶屋町店



関連ランキング:イタリアン | 梅田駅(阪急)中津駅(大阪市営)中津駅(阪急)


  1. 2017/01/13(金) 22:49:38|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フランスの田舎町の路地

DSCF1588.jpg

こんばんは、雨男です。
写真は12月に訪れたフランス田舎町の路地。
霧のある日でしたが、それが少し晴れた午後。

フランスの午後は本当にゆったりしていて、
田舎町だと12時からゆっくり2時間はひるやすみ
シャッターしめて、ゆっくりランチ。

コンビニで買ってきたカロリーメイト、
口に放り込んでといった感じではもちろんなく。

時間のつかいかた

見習うべきか
どうすべきか、と

見習いたくはありますが

  1. 2017/01/10(火) 22:40:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

聖マグダラのマリア像

聖マグダラのマリアの歓喜像

こんばんは、雨男です。
写真はむかし撮影した聖マグダラのマリア像。
パリにある新古典主義建築のマドレーヌ寺院にあります。

母性的なひかり。

こういうところで、ゆっくりしたいと考えています。

  1. 2017/01/09(月) 22:39:18|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しょうがつ



新年おめでとうございます(遅)
雨男です。
本年もどうかよろしくおねがいもうしあげます。

年末は、東京にいる同?業者の弟も帰還するということもあり、
🐗イノシシ肉を
豪勢にかって、牡丹鍋を自宅でたんのうしました。
昨日は妹夫妻もかえってきたので、
実家でまたおなべ。
いいですね。なべ。

牡丹鍋は、大阪北部、兵庫県から京都府中部の丹波の名物なのですが
野趣あふれる感じが何とも美味しくて
赤みそですこし山椒をふって
いただきます。
白ネギ、白菜、こんにゃく、豆腐、
味が良くしみわたって、
本当においしい。

イノシシが家畜化されると豚になるので
まぁ豚肉といっては豚肉なのですが、
かみごたえと
肉の濃厚さがちがうかな。

英気を養って、
今年も猪突猛進。がんばろう。


  1. 2017/01/03(火) 22:34:16|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
自己紹介 (1)
旅 (407)
日常 (592)
勉強 (6)

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

リンク

このブログをリンクに追加する