雨男博士の日常

午前中のオータン



こんにちは、雨男です。
写真は、フランス・ブルゴーニュ地方の都市オータン。
冬の午前中。すこしさむさが和らいだかなって感じの石畳の街並み。
ローマ時代から続く歴史ある都市の1つです。

本年もこのブログにお立ち寄りいただいた方々に感謝申し上げます。
忘備録のようなブログ。というより日記のような
内容となってしましましたが、
雨男がみてきた風景の一部を共有していただけましたら幸いです。

ことしは、思い返せば、後半期に他分野の方と知り合う機会が増えて、
来年は、他分野との共同研究が本格化していきそうな予感。
今年の成果は、以下の通り。
本:編集2冊、執筆中1冊
論文:3本、書きかけ3本
かかわったシンポジウム:3つ
発表(国内、学術系):9本
発表(国際、学術系):3本
発表(国内、アウトリーチ):4本

来年は、すこし研究発表を減らして、論文数を増やすことにしよう。
同じ職場の30代前半研究者と比べると、業績数は、3倍近くになるのだけれど、
ほかの学術領域から比べると、効果的な業績が少ないし、
アウトリーチは大切なことなので頑張っているのですが、
重視されない場合もある。
思い悩むことは多いのですが、
まぁ、やるときゃやらなきゃだめなのよ、ということで。


来年もどうかよろしくおねがいします。

DSCF8834.jpg


スポンサーサイト



  1. 2016/12/31(土) 14:03:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

成績評価



こんばんは、雨男です。
年末ということなんですが、この時期は論文に集中できる良い時期で、
年末感があまりないところです。
というか、季節感がない一年だったなぁ、、、と。
日本国内、あちこちいって、海外もアメリカ、フランス、韓国だったので、
日本にいるだけでもよしとしよう。といったところです。

このまえ、フランスの地方の街を歩いていて、
むかしながらの建物はやっぱりいいなぁと
思ったところです。
教会があって、広場があって、
市場があったり、お店があったり、
各時代の建築物が林立して、現代という時代の風景を形成している。

ヨーロッパの都市と比較して、
日本は古い建物が遺らない理由を地震や火災の災害に求めることは
もっともなのですが、
その一方で、古い建築物を回顧もなく解体したり、
撤去したりすることが多いいま、
そろそろ世代を超えて街に生き続けるという
次の世代に建物や街を継承しようという思想も
育ってもいいのではないかなぁ、と
思ったり。

行政的に街並み保存しても、結局は限界や制約はあるので、
ここはやはり
思想の浸透なのだろうけど、
むずかしいのだろうな。

  1. 2016/12/29(木) 18:13:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

風の分岐点



こんばんは、雨男です。
世間では、SMAP解散ですとか、なんやらとかいった
感じなのでしょうが、
平家物語もびっくりの諸行無常感を
持ちあわせている雨男にとっては
それもなんだかなぁといったところで、悲哀は悲哀として
むしろテレビの時代が終わって、いくのかなぁという
漠然とした実感
SMAPはテレビとラジオに愛されたグループだったのだろうなぁ

今年を振り返るような時期となり、
思い出深かったのは、1月の末と7月に
研究のバトンを渡されたこと。
学会の重要な役目
研究小領域の役目
”悪いけど、身をひくことになった。これからは雨男君にたのむ。”
”おまえがわしらのあとをしっかりと継いでくれるから、安心して引退できる”
重い言葉をうけて
「本当におれでいいのですか」という不安と
一握りの自信
そして、
「しっかりと自分なりに頑張らせていただきます」との返事。

このまえの旅では、
こういうことを思い出しながら、これからを
考えていました。
  1. 2016/12/28(水) 00:13:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

オータンのサン・ラザール大聖堂



こんばんは、雨男です。
もうすぐクリスマスということで、教会の写真を。
フランスのブルターニュ地方、オータンの街の
サン・ラザール大聖堂。

午前中のやわらかな冬のひかりがなんとも良い。

  1. 2016/12/23(金) 22:37:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ノエル



こんばんは、雨男です。
発表を終え、なんだか慣れないことをするものではないなぁと
反省。
反省できる分、成長できるってことなのかな

写真は、フランスの田舎町でのクリスマス会での
パンフレット。
もうクリスマスですね。
教会のまわりにマーケットがあって、
ささやかな電飾。
街の人々が、できる範囲で、
クリスマスを祝いましょうってのがかんじられて、
こういうのいいな。と。

  1. 2016/12/20(火) 22:59:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

霧の街



こんばんは、雨男です。
明日は人生はじめてのポスター発表なのですが、
これまで口頭発表しかしてこなかったので、すこし緊張?
というか
まぁ、がんばるか、みたいな感じで。

さて。
写真は、このまえに訪れたフランスの田舎街の風景。
この日は深い霧でホテルのおばあさんが
”ロンドンへようこそ”
(フランス人は基本イギリスをばかにする)

むかしは、この川の水運を利用して、交易で栄えた
街だそうです。
  1. 2016/12/19(月) 22:37:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

フランスの田舎町で2



雨男です。
3日間つづいた忘年会もようやく終わり、
喉の痛みとともに目覚めた今朝です。
はしゃぎすぎた。。。。

本格的な冬の日に
なかなか暖房の効いた部屋からでにくいのですが、
こたつは下宿には出さず、
実家の時のようにこたつで寝ることは少なくなったところです。

フランスは、暖房としてはエアコンというより、
お湯が流れる配管で建物の温度をあげるので
基本あたたかいです。
なので部屋では冬でもラフなカッコで十分。
このあたり、夏を旨として木造建築の日本とは
異なる点です。

ただ、外はやっぱり寒いので防寒は大切。
こんかいはフランス人研究者の先輩に勧めていただいた
軍のセーターを着込んでいったので
身動きも取りやすく、たのしい旅となりました。

DSCF1568.jpg
  1. 2016/12/18(日) 09:15:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

フランスの田舎町で



こんばんは、雨男です。
このまえのフランス出張では、パリから4時間ほどかけて
すこし地方の街へいってきました。
調査の一環なのですが、車窓を眺めながらの
電車旅は何ともおちついて
文庫本片手に読書をたのしみながら、旅を満喫したところです。

ホテルは、写真のように
広めでおちついた部屋。
パリのホテルは、よいところだったのですが、
シングルっていう感じで、
やはり広い方がおちつくよね、と。
とはいえ、一人でベッド3つは多いのですが、、、

  1. 2016/12/14(水) 23:26:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

そういえば、この一年は

こんばんは、雨男です。
そういえば、この半年ほどの記事でかけていないこと、
多いなぁと思う雨の夜です。

昔のゲームサントラを買ったりしているのですが、
それでドライブしていると何とも
快適で。

年末まで、あと発表が2回もあることに気付いてしまって、
そうした気分を晴らすのも
ドライブだなぁ、と。

春になったら、遠くへ車ででかけるのも
いいかなぁ。

DSCF3365.jpg
  1. 2016/12/13(火) 22:47:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

帰国したら、あぁもう年末だなぁって思って。

こんばんは、雨男です。
休日ということで、昼まで寝て、昼からジムに行って
すこし泳いで、
また早めに寝ようかといったところです。
ラインの待ち受けもオルセーの喫茶店にかえて、と。

疲れ、たまっているなぁと苦笑。

昨日は岡山で学会の委員会だったのですが、
次の企画もなんとかすすみそうで、
だけど、
学会全体のことをかんがえると、まだまだ
することは多くて。

ちからがほしい、というより、
一緒に問題にたちむかってくれる仲間の存在がありがたいのと、
こういう輪をもっとひろげていかないとなぁ、と。

批判や愚痴や文句はいくらでもいえるのだけれど、
それを受けることをおそれずに
歩むことは
たぶん
かぎられたひとにしかできないんだろうなぁと。

まぁ、そういう覚悟は、
いまの立場についた時から出来ている。

新幹線で帰ってきて、
すきな喫茶店で、ほっと一息。

ヒロコーヒー 千里セルシー店



関連ランキング:喫茶店 | 千里中央駅


  1. 2016/12/11(日) 20:12:32|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オルセー

オルセー

こんばんは、雨男です。
なんとか時差にもなれてきて、
一日、むかしの後輩と調査にでていたところです。

フランスでは、すこしだけゆっくりする時間があったので、
かねてから行きたかった
オルセー美術館に。
少しだけならんで入った美術館では、
新古典主義美術とやはり印象派の絵画を
のんびりと眺めていました。

5階にある印象派の作品がならんだ展示室は、
やはり人がものすごく多かったのですが、
椅子に座って、流れ行く人の残影にまどわされながらも
1作品ずつ鑑賞。
画家の目線。
描きたかったもの。
時代を超えた風景の1こま。
去来する感想をいつくしみながら
すてきな時間となりました。

写真は、美術館の喫茶店にて。
芸術の都パリを堪能した
記念に。

  1. 2016/12/09(金) 21:15:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

帰国

DSC_0119.jpg

こんばんは、雨男です。
パリから飛行機にのって、離陸時にウトウトして寝たら
目覚めた時には
あと2時間で日本という
感じのフライトでした。
つかれていたのだろうなぁ。

写真は、夜のエッフェル。
シンポジウムを終えたあとに。

  1. 2016/12/07(水) 22:57:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

発表をおえて



こんばんは、雨男です。
パリはいま19時。発表を終えて、ホテルについたあたりです。
こじんまりとした
ウォーミングアップといった研究会でしたが、
反響は良く、
これからの研究につながるような流れは出来たかな。
30代の研究は、
やはり挑戦的でないといけないかなと。

ただ、この発表に至るまでの
恩師、先輩研究者、そして仲間たちから
おそわったことが生きているかな、と

あの忘れ得ぬ日々

感謝

  1. 2016/12/03(土) 03:09:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

でっぱつ

いってきます。
雨男です。
いまからパリへ。

飛行機の時間はすこし長いですが、ゆっくり考えながら
仕事をするには十分かな。

乗り継ぎとかいろいろと考えると、
やはりそれに便利なカードをつくろうと決意。

つぎつぎと忘年会やらなんやらの予定が入ってきて、
あわただしい12月になりそうだけど、
なんだかたのしそうな月になりそうな
予感
  1. 2016/12/01(木) 11:15:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

フランスへ



こんばんは、雨男です。
一週間ほど、フランスへいってきます。
パリに夕方到着して、次の日の午後に発表という
時差ぼけとか大丈夫なのかって感じなのですが
ま、てきとうに

おいしいものたべてこよっと。
  1. 2016/12/01(木) 00:09:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
自己紹介 (1)
旅 (407)
日常 (592)
勉強 (6)

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

リンク

このブログをリンクに追加する