雨男博士の日常

市民講座をおえて



雨男です。
市民講座が終わり、すこしほっとした日曜日です。
むかしの後輩から教えてもらった小説『陸王』を読了。
良い。
伝統を守ることと新しいことに挑戦することは
矛盾ではない。
変えてはいけないもの
変化に応じて変えなければならないもの
そういうことを感じた面白い小説でした。

老舗の足袋屋さんがランニングシューズ開発に挑戦する話なのですが、
人生の挫折と挑戦、
そして仕事にとって本当にたいせつなものはなにか。
それを学んだ本でした。

むかし、先輩研究者に
「雨男君、老舗の味を守るって大変なことだよ」と
地下鉄のホームでいわれたことを思い出しました。
いま、自分がいる職場はけっして老舗ではないし、
新興の部類に入ると思っているのですが、
今後、老舗の仲間入りをしていくためにも
名門という名をかくとくしていくためにも、
いまなにをしなければならないか、
問題意識を全体としてどう高めていくか、
そういうことを考えながら帰途についたことを反芻して。

あらためてそういう思いをつよくした日曜日です。
いろいろと新しいことに挑戦している。
そして、それに共感して支えてくれる仲間がいる。
スポンサーサイト



  1. 2016/10/30(日) 11:32:53|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

滋賀へ



こんばんは、雨男です。
市民サークルの方とあう機会がおおい
雨男の研究領域なのですが、
このところ、そういう仕事?も増えてきて
楽しみながらこなしているところです。
その関係で明日も滋賀に。

超大型研究プロジェクトの申請書も
無事代表者の先生が提出され、採択されることを祈るばかり。
その一方で一昨年の研究動向をまとめる仕事をしたのですが、
某大学の先生から大学院演習で使っているとのこと。
巧妙だね、と。
これは滝汗。。。。

論文批判の時に、自論を説いて批判をせず、
異なる意見の論文をぶつけて
間接的に批判をするという技が見破られて
さすが、と。

なにかほめられたのか、おこられたのか
わからない感じでしたが、、、

写真は江戸時代だから続く
商店街のうどんやさん。
なんだかんだ今年もいそがしかった。
こういうおみせで、のんびりしていたい。
  1. 2016/10/28(金) 22:42:43|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

直系

こんばんは、雨男です。
このところ、食事会が続いているのですが、
先日、後輩を連れて、ネパール料理に。
でかいナンをほおばりながら、カレーと砂ずり炒めを食し、
論文のこと、
将来のこと、
話していました。

どの会社や組織にも、”直系”というか主流派みたいなものはあって、
男性的すぎるのかもしれませんが、
次世代を担うって役割となることがある。
自分もそうだったし、
後輩もそうなるだろう。
そのとき、どう振る舞うか、問題にどう立ち向かっていくか、
どうあるべきか。
そのことを伝えてきた。

直系であること。
そう選ばれなかった人にとっては、悔しい思いもあるだろう。
だけど、選ばれることも、相応の努力が必要になるし、
また違った目線での戦いがはじまる。
その時に必要であるのは、男気と胆力なんだとおもう。

次世代を託す。
こういう後輩に恵まれたことを感謝しつつ、
いま託されてきたいくつかの役割を
雨男もしっかりと果たそう。


ネパールキッチン Kathmandu 蛍池店



関連ランキング:ネパール料理 | 蛍池駅大阪空港駅柴原駅


  1. 2016/10/26(水) 23:19:20|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビビンパ



こんばんは、雨男です。
カバンがだいぶといたんできたので、そろそろ新しくしたいなって思って
amazonをながめているところです。
先日、銀行から電話があり、
また海外でクレジットカードが偽造されたか
と不安におもったのですが、
なんというか海外送金のための本人確認?でした。
9月にいった韓国での講演謝金。

クレジットカード、研究費の旅費等は立て替えも多いので
重宝しているのですが、
月に2、3回は出張している身からすると
かえってゴールドの方が得な気もするのですが、それは
次のポストになってからかなぁ

そのことも行員さんと相談

写真のビビンパはすこしおしゃれなお店で。
素朴だけどすきな韓国料理の1つです。

  1. 2016/10/22(土) 22:38:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

韓国の学食



こんばんは、雨男です。
9月に韓国に行った時、大学の学生食堂にお邪魔しました。
日本食(だいたいトンカツ定食かうどん)、洋食(ってあんまり選んだことのないのですが)
韓国食(チゲ鍋定食など)、
ま、いろいろと選べるのですが、
やはり安くて美味しいチゲ鍋を。

豆腐チゲ。

地域によって貝やイカ等の海鮮が多かったり、
具材はさまざまなんですが、
辛いけどうまい。
ごはんとあわせて、いただきます。

だけど、このチゲ鍋の鍋、どこでたべても同じかたちなのだけれども、
規格が同じなのか、
一箇所でつくっているのか。
すこし気になっているところです。
  1. 2016/10/19(水) 23:11:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ケーキは我慢することに



こんばんは、雨男です。
ふくよかになったことは自覚してるのですが、
最近それをあまりにも指摘されるので、
ジムに行く回数を増やし、食事制限と甘い缶コーヒーをひかえることを
本格的にはじめています。
9月は確かに甘いものをたべすぎた、、、、
写真のケーキみたいに。

目標3㌔ということで、すこし頑張ってみようと思う
今日この頃です。
  1. 2016/10/18(火) 00:00:10|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兵庫陶芸美術館にて



こんばんは、雨男です。
芸術の秋ということで先日、兵庫陶芸美術館へいってきました。
ちょうど、『セラミックス・ジャパン -陶磁器でたどる日本のモダン-』が
開催されていて
ぜひ観覧したいなって思っていたので。
趣旨はこう。
「近代日本の幕開けには、世界に通用する数少ない産業の一つとして、
やきもの作りが高く評価され、以後は常に新しい道を切り拓いてきました。
本展では、現代の陶磁器デザインの礎を築いた近代のやきものの数々を紹介し、
明治初期から今日に至るまでの陶磁史を見渡します。」

少し前の展示も見事でしたが、
今回の展示も近代日本の陶芸にきちんと光をあてて
時代の波に翻弄あるいは立ち向かいながら
技術、意匠を磨いていった様を感じることが出来ました。

観覧してとくに思ったのが、
よく10年一昔といいますが
時が経つにつれ、少し古くさいなとみえていたものが
なんだかかえって新しく映えてくるものだな、と。
ここがアンティークの面白さなのだろうと思うのですが、
それよりもデザインとしての奇抜さであったり、
いまの時代に欠けているように感じる何かだったり。

いまから百数十年前の明治・大正時代ですが、
近くて遠いこの時代に
なにか学ぶことがあるような気にさせてくれる
そういう展示会でした。

観覧後、カフェですこし休憩。
丹波立杭焼きをつかった贅沢な焼き物でいただく
黒豆コーヒーはほのかに甘く、
濃厚なチーズケーキとともに芸術の秋を堪能しました
  1. 2016/10/13(木) 22:57:21|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おそばな気分



こんばんは、雨男です。
野外調査も順調に進んできて、今週末には終わり。
やはり調査は良いなと思ったところで。
秋らしくなってきたので、食欲の秋だーっておもっていたら、
健康診断の結果が帰ってきて
血液が、ね。
血液が悪いのです。
血液が。

と、いうことで毎日嗜んでいた缶コーヒーを
ひかえよう、と。
あと、タマネギを食べようと。

食生活もあっさりめにということで、職場近くにある
おそば屋さん。
先輩研究者に教わった味わいあるおそば屋さんです。


権八



関連ランキング:そば(蕎麦) | 石橋駅


  1. 2016/10/12(水) 22:32:30|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい万年筆



こんばんは、雨男です。
このまえ、新しい万年筆を購入。Perikan社のスーべレーン。
大阪・北浜のお店で書き比べをしながら、自分にあったものを、ということで
中字程度でほどよくやわらかい書き味のものを。
罫線が引かれたノートに
ブルーブラックのインクで書いていると、なんだかつまらない構想も
立派になる気もしてきて、論文のモデル図や思考の整理に多用しているところです。

縦じまの青がなんとも美しい逸品。
インクはきれるとまたインクボトルから吸入しないといけませんが、
そういう手間も
思索の一休憩になったりして、で
やはり手書きは良い。

日常、数々の着想が生まれ、その一つ一つを大切に深める努力をしていますが、そういう時、
この新しい相棒が助けてくれそうです。

  1. 2016/10/10(月) 20:25:44|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レトロな気分

こんばんは、雨男です。
研究の世界もこれから再編の時期に突入するんだろうなぁという感じで
分野横断とか
そういうものに安易にのっかると
学問領域としてくっついちゃえば?みたいな話になってしまうので
しっかりとした芯が必要。

愚直な研究をしていたけど、
それがかえってよかったかもしれない、と、
研究費のオファーをうけながら。

先日、所用で岡町に用事があって、
ひさしぶりに北摂のレトロな街を散策。
原田神社の秋祭りが近づいていて、
その雰囲気を感じながら、老舗のおうどん屋さんで
ほっと一息。
こういうレトロなお店いいよなぁ、と。

時代は変わる。
でも変わらないものがあってもいいじゃないか

土手嘉 岡町本店



関連ランキング:うどん | 岡町駅豊中駅曽根駅


  1. 2016/10/07(金) 22:48:56|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

dream capture



おはようございます。
雨男です。
すこしまえに先輩研究者より、京都方面からお願いあるからとうかがっていたのですが、
昨日、電話で内容がわかりました。
大型研究費の連携研究者。
分担ではないので、予算配分はなく、相応の仕事しかしないつもりなのですが
文理融合型のでかい研究費なので、
挑戦してみる価値はある。
おおあり。

挑戦の秋です
  1. 2016/10/06(木) 07:13:48|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地球の片隅で

こんばんは、雨男です。
著書の執筆にいそしむ雨男ですが、帰ろうと思ったら
大雨だったりで、
なんともついてないような感じで。
10月、いいことあるといいなぁ。

研究をしていると、ささいなことがわかったりして、
多分、地球上でこのことを知っているのは、
自分だけなんだろうなぁみたいな気分になることがあります。
それは大げさでも何でもなくて、
ただただマニアックなだけなのですが、
そういう気付きがある瞬間が何とも愛おしく感じて。

役に立つかどうかといったかんじなのではなくて、
ただただ知りたいし、気になるから
調べている。
これが許されている幸せを感じて。

  1. 2016/10/03(月) 00:22:39|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
自己紹介 (1)
旅 (407)
日常 (592)
勉強 (6)

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

リンク

このブログをリンクに追加する