雨男博士の日常

ねーんど末



こんばんは、雨男です。
上司の報告書も本日納品され、無事に仕事も完了。
調査しながらの年度末はさすがに大変でしたが、事務のおねえさんのやさしさに助けられ、
なんとかなったかな。

2014年度をふりかえると、、、、

研究報告1冊、調査報告1冊、論文5本(まともなのは3本?)、解説など3本、口頭発表10本。
発表の内訳は、海外2、国内講演2、研究会2、市民講座2、子供向け講座2。

これに大学の非常勤講師2つ、
長期野外調査が3、短期野外調査が15ほど。
あとちょっとした引っ越し

こういう風に書くと、忙しいようにみえるけども、、、、
まぁ背伸びせず、マイペースにやったかな。

反省点は、非常勤や講演会で、源泉徴収が9通もきて、
申告したら、追加で5万

もう来年度は引き受けません

とはいえ、もう3つは引き受けてしまったのだけれど。。。。。

来年度は、査読付き論文と英語本に挑戦しよう。
それともしかしたら小学生向けの概説書を書くことになるかも。。。。

ま、なんとかなるかな

今日は年度末ということで、雨男の職場でも異動が多くありました。
なので、ささやかなお礼に
紅茶とクッキーのセットを。

いつもこの組み合わせが多いのですが、本当においしい店なので。

多くの支えに感謝しつつ、明日からまた新たな一歩を踏み出そう。
スポンサーサイト



  1. 2015/03/31(火) 21:05:28|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぞろぞろと



こんばんは、雨男です。
巣立っていく後輩たちと、名残惜しむように夕食の日々です。

武芸百般を学びし我々にとって、
今後も学会や仕事で顔をあわすわけなのですが、、、
ほぼ毎日といえる時間を道場ですごしてきただけに、
わずかばかりの寂寥感と活躍してほしいという期待をこめて。

スタンドプレーが多い、後輩たちで、
けっして「仲良し」といったわけではなかったけども、
最終的にはまとまりのよい成果が目にみえるカタチでできてきた。

このチームにかかわれた幸せ。

次のチームをどう育て、自分も成長していくか。
今年の春は、雨男にとって新しい試練となりそうです。

そして、後輩たちにはあたらしい場所で、これまでのことは胸の内にしまって
自分らしく活躍してほしい


  1. 2015/03/30(月) 23:10:13|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新次神社



こんばんは、雨男です。
年度末もあとすこし。
2月に後輩たちとつくっていた報告書も納品。
発送もおわり、これでひとつ終わり

明日はなぜか職場のとある資料の説明板をつくったので
その納品

週明けには上司の報告書が完成。

いろいろ仕事してるのです。これでも
と忘備録

DSCF9901.jpg
DSCF9900.jpg

新次神社の狛犬さん、
口に玉?をくわえています。
じつは西播磨ではこういう狛犬さんを多く見かけました。

この地域に生きた石工さんたちの
特徴なのかもしれないな、なんて


  1. 2015/03/27(金) 22:20:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

DSCF9895.jpg

こんばんは、雨男です。
この2月に調査の一環で、兵庫県南西部を隣接分野の先生と見て回ったのですが、
思わぬ収穫というか、古社への来訪が多く、
狛犬さんに巡り合う機会がありました。

播磨国 神埼郡にある新次神社は、備前焼きの陶製狛犬(大正13年奉納)が、
まえの石製の狛犬を威嚇!?するかのように鎮座してました。

村を見下ろすような、山の中腹に築かれたこの神社は、
江戸時代には「葛城権現社」と称していた とのこと。

DSCF9897.jpg
DSCF9898.jpg

播磨西部は、関西弁でも岡山よりで、古来以来播磨と吉備の交流は続いているのですが、
この狛犬を制作した陶工は、
この地に生まれ、備前で陶工として活躍し、故郷の社に自身の作を奉納したのかな、
なんて思ったりしました。




  1. 2015/03/26(木) 21:54:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

卒業式

こんばんわ、雨男です。

この春、職場の後輩が巣だっていきます。
ともに戦ってきた戦友のようなメンバーだったので、
うれしさより寂しさの方がまさって、
送別会までに
梅田・中崎町のカフェで、
のんびりと珈琲。

毎年、経験する春の行事ですが、
6年ぶりの
喪失感と言うか

なさけね

この道場のような職場で身に付けたことが、それぞれの新天地で役に立つとは限らないけども、
胸を張って、自分らしく頑張ってほしい。
どっぷりと好きな研究に没頭した時間を宝物のように胸のうちにしまってもらえるのなら、
雨男の役割もある程度達することができたのかな

俺たちは強い。
そして、これからも強くいよう






  1. 2015/03/25(水) 18:40:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケーキ!

こんばんは、雨男です。

調査も大詰め。
雨男がカメラを構えれば、風雪が吹きすさび、
図面を描こうとすれば、夕立が来るといった状況ですが、
無事に予定通り終わりそうです。

後輩たちが、調査中に誕生日を祝ってケーキをごちそうしてくれました。
心遣いに感謝。
三十路にして、好きになってきたチョコレートが
いっそう甘く感じました。



多謝。

  1. 2015/03/23(月) 22:44:29|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

焼き肉

おはようございます。雨男です。

雨男も若手ではあるのですが、、、、
若手研究者を育てるというのも雨男の重要な仕事の1つ。
ただ、教室で講義形式で、、、といっても
内職をしたり、昼寝を楽しんだり、とどうしてもなるので(雨男もそのとおり)
それでは教育になりません(偉い方にはこれがわからない)

研究室で、現場で、丁寧に知識や技術を伝授するということが
たいせつ。

それと研究室でするざっくばらんなはなしが、
研究者としての素質を育てたり、
論文のネタになるもの。

そして、なによりも大切なのは、食事や呑みにいったりすること。
研究のこと、学会のことを忌憚なく話して、
研究者として育つように

先日、職場近くに有名な焼き肉屋があるのですが、
そこで後輩たち3名におごり。
今回の報告書作成では、本当に後輩に支えてもらったので、
そのささやかな御礼を。
塩タンの歯ごたえ、カルビの香ばしい匂い、肉のおいしさを口のなか一杯に感じつつ、
〆にクッパのやさしい味わい。

また来週も後輩たちに報告書刊行のお祝いでおごろうかと。

さ、今から調査。
あとすこし頑張ろう。


  1. 2015/03/21(土) 08:47:18|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポトフ



こんばんは、雨男です。
漫画キングダムでいうところの副官・騰といった雨男ですが、
今日は上司と次に調査するところの下見とあいさつに
出向いてきました。
それと二人で山道を踏査。

上司にお仕えして長いのですが、
学問の世界はどこの大学で学ぶかといったことより、
どの先生の下で修業を積むかといったことのほうが、はるかに重要。
今日も勉強になったところ。

DSCF9363.jpg
DSCF9365.jpg
DSCF9361.jpg

ブルターニュの旅の折には、田舎町によることが多かったのですが、
教会を中心とした
古い街並みが本当に好きになりました。

そして、地元の方々が多く集まるような食堂で
たべる料理は、
体重を気にしなくなるほど、おいしくて
大満足の旅でした。

写真はポトフ。
むかし、給食で食べたものと違って
野菜やお肉の大きいこと!

4月からはじっくりと煮込むような料理をつくって
たのしもうかな、と思っています。



  1. 2015/03/19(木) 22:45:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

レンヌ郊外のホテル



調査で住宅街の一軒家を借りて寝泊まりしている雨男ですが、
近所のとあるお宅の柵のすきま(10センチくらい?)に顔を挟んで
アンニュイな表情をしている
柴犬の顔をみることが毎日の楽しみになっています。

やはり犬は柴犬が一番ですね

DSCF9314.jpg
DSCF9322.jpg

レンヌ郊外で宿泊したホテルは、
昔ながらのお家を改修したところで、
老夫婦が趣味で経営されているそう。民宿みたいなものですね。

まわりは印象派の絵画にでてきそうな、フランスの農村といった雰囲気で
朝にはニワトリの声。
静かなところで、落ち着いた朝と夜を過ごしました。

趣味でなさっているといっても、
料理は本格的ですし、内装もこっていて
本当に良いところでした。

そういう老後も悪くないなーとおもったり。

DSCF9317.jpg

朝ご飯にはフロマージュ・ブラン
ヨーグルトのようでヨーグルトでなく、
マンゴーソースとともに濃厚な味わい。

朝の定番、クロワッサン
程よい甘みの自家製ジャムとともに記憶にのこる朝食となりました

  1. 2015/03/17(火) 22:41:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

レンヌ発

DSC_0183.jpg

このまえラジオで
”飼い犬は一生に一度、人語を話すと言いますが”
聞き流しできない情報が
さも前提であるかのように流れてきて、
そのことが気になって仕方ない雨男です.
こんばんは。

さて先週末に1つ、これまで進めてきた仕事の成果がでて、
旧友から祝福の電話.
後輩たちが頑張ってできた仕事だから、それが一番うれしいかも.

それと上司の仕事で200頁の報告書も本日入稿。
自身の100頁ほどの報告書も今日、校了。
支えてくれた後輩、事務の方々に多謝。

調査も終わりが見えてきた。


DSCF9513.jpg
DSCF9514.jpg

レンヌで特急を待っていた時、貨物列車を見かけました。
ぎっしりとのせられた車の列に
大陸ヨーロッパの雰囲気を味わいました.

  1. 2015/03/16(月) 23:57:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

レンヌ、昼と夜の顔


DSCF9487.jpg
DSCF9507.jpg

こんばんは、雨男です。
調査も中盤、思った以上にいい成果が上がったので、
あとは丁寧な記録と今後の保存に向けての調整。
会計処理も順調に進みそうなので、
4月はゆっくりできそうかな。

東京と埼玉・秩父でゆっくりするつもりです。

あとは海外に行きたい。
9月にドイツはいくのですが、、、、
年内にほかにどこか行きたいなぁ。台湾あたりで、屋台で買い食いしつつ、
ぶらっと、というのが理想かな、

昨年11月に訪れたフランス・レンヌの街は
幸運にも昼と夜の顔をみれて感動的でした。

夜の中世の漂い感じる雰囲気も好きでしたが、
昼は昼で白を基調とした
街並みを上司とお土産の高級チョコレートを探しながら
歩いたのもいい思い出です。

フランスの都市を旅して感じることは、
市役所(一番最初の写真)の前には大きな広場があること。
これは市民に伝える、市民が要求する場として機能していることを意味するのだろうか。
都市は自治によって機能する。
だからこそ、大勢が集まれる広場が必要になるのだろうと思います。
日本の都市の場合、
あるいは役所の場合、たいてい広場はなく、、、、、駐車場などがお決まり。
これは都市空間の配置として、そういう機能をもたせていない、
あるいは考えていないことに他ならないのではないか、と。
これは少なくとも江戸時代のお城なども同じで
日本とフランスの政治文化的なところに由来するのだろうと、、、憶測。

そういうことを考えながら、ぶらぶらする石畳の街並みは
極上のひととき。

DSC_0188.jpg
DSC_0187.jpg

今年はすこし大きな研究費に挑戦して、
これから海外の調査を増やしていこう。

そこで出会う景色の数々も大きな学びの糧となるだろう。

  1. 2015/03/11(水) 21:57:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

若手であること

おはようございます、雨男です.
ラブライバーではありませんが、、、
若手研究者って、なかなか苦しい立場のときもあり。。。
いまはこんな気分

No brand girls
μ’s

悔しいなまだ No brand
知られてないよ No brand
なにもかもこれから 熱い気分

楽しいよでも No brand (Do you know?)
張りきってるんだ No brand (Do you know?)
だから(おいで)ここで出会うために (Yes,I know!)

目指す場所は(高い)
いまより高く(どこまで?)
チャンスの前髪を
(持って)はなさないから
(ぎゅっと)はなさないから
(Oh yeah!)奇跡の虹を渡るんだ


一緒に調査をした方のジャンパーに
おもいっきりアニメのキャラが描かれていて、
やはりこの業界、
こういう人(同類ですが、、、、)多いな、と実感

  1. 2015/03/11(水) 07:06:16|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンヌ

DSC_0184.jpg

こんばんは、雨男です.
昨日、とある報告書を入稿し、今日はある自治体関係の仕事の校正を返却。
来週には研究関連の報告書を編集。
あと、報道対応2つ。
調査を進めながらも、こうして様々な仕事ができるのは
後輩たちの支えがあってからこそ。
感謝です。

調査も順調です.だけど、4月は少し旅がしたいかな。

昨年11月に訪れたレンヌの記憶がよみがえります.

DSC_0183.jpg

レンヌ(Rennes)は、フランスの西部に位置する都市で、ブルターニュ地域圏の首府、イル=エ=ヴィレーヌ県の県庁所在地である。ブレイス語(ブルトン語)ではロアゾン(Roazhon)と称する。
古くからブルターニュ地方の中心都市で、モン=サン=ミシェル観光の起点となる街として、日本からも多くの観光客が訪れている。wikiより

旧市街の風情は格別で
夜の雰囲気は中世にタイムスリップしたかのような
感覚となりました。
こういう古い街並み保存は
うらやましいところ。

DSC_0189.jpg

ブルターニュ伝統のクインアマンを食し、
記憶にのこる夜となりました。

  1. 2015/03/05(木) 23:45:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
自己紹介 (1)
旅 (407)
日常 (592)
勉強 (6)

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

リンク

このブログをリンクに追加する