雨男博士の日常

世界を救うのは、、、

こんばんは、雨男です。
なんじゃこら、と思っていた焼き物が土瓶であったとわかり、
調べていくと意外と奥深い江戸の喫茶文化がわかってきて、
どうしてごはんを食べる食器を”お茶碗”と呼ぶのか、
わかってきたところです。

ま、研究とは関わりないのですが。。。。

江戸時代、けっこう面白いなーと思いながら、
別の論文を読んでいたら、自分の研究領域が江戸時代に下地が完成していたという
指摘にあたったり。。。

江戸時代にはいわゆるオタクが活躍した時代です。
いまの大学で教えるような”研究”といえるものは、
おおむね近代、明治時代以降の学問の流れを汲むのですが、
けっこう江戸時代には物好きがいて、
たとえば奇妙な石を集め続けた木内石亭などを代表として
オタクがサークルをつくったり、
本を執筆したり、とすこぶる学術(オタク)的な活動をしていたのです。

いまでも研究者とは、オタクの究極進化型みたいなものなので、
そういう下地は江戸時代にあったのだなーと
思う日々です。

最近すきなアニメのコピーキャッチ
”世界を救うのはヒーローじゃない。。。。オタクだ

スポンサーサイト



  1. 2015/01/31(土) 00:11:02|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黄昏



こんばんは、雨男です。
先日、ジム帰りに夕方の街並みを眺めていたら、
壊されゆく地元の商店街を見かけました。
昭和の雰囲気のこるところだったのですが、マンションになるようです。
古い建物がなくなり、新しい街へ生まれ変わる。
このように書くと良いようにも思えるのですが、
地域の”むかし”を知る人たちにとっては少しさびしいのかもしれません。

よく日本人は歴史好きだ、歴史を大切にするといいますが、
本当にそうかなぁと思うときが
ある雨男です。
古くなったものを頻繁に壊し、造り変えることを繰り返し、
前の世代が遺していった建物を継承していかない。
街はそこに永代的に存在してきたかに見えて、
動的平衡を保っているに過ぎない。

地震をはじめとする災害が原因と考える人もいますが、
実際のところ、地震がなくとも
地方都市では古き街並みは壊され、逆説的に大都市に下町や商店街が遺る。
それに数多くの戦禍を超えてきたヨーロッパでは
古い街並みが生きています。

世代を超えて受け継ぐ。
意外とこういう街並みは少ないのかなと、
視野が狭いせいかもしれませんが思うところが、最近多く、
だからこそ、
昔ながらの街並みを歩くことがますます好きになっています。


  1. 2015/01/26(月) 23:43:34|
  2. 勉強
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二度寝

こんばんは、雨男です。
なんか引っ越し的なことをする必要が生まれてきた
今日この頃です。
春はあわただしくなりそうな、予感

とはいえせっかくの日曜日。
のんびり、二度寝して
朝アニメをみて、、、、
ずっと読みたかった本を読みながら。ゆっくりと
じっくりと彼此考えていました。

アニメはシュタゲの続き的なものとして、ノボスティックノート
種子島いきたいなー

とはいえ、今年は4月に東京、5月に栃木。
栃木では秩父 三峯神社、聖神社に行きたくて、すこし計画中。
あとの出張は、、、
どうなることやら

つれづれ
  1. 2015/01/26(月) 00:30:47|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原点回帰

こんばんは、雨男です。
近頃、風邪がはやっているようですが、皆様はお元気でしょうか?
雨男は昼までジムに行って
軽く泳いだりして、体力づくりに励んでいるところです。

このまえ、夜遅くまで職場にのこって
資料の計測などをしていたのですが、
なんか学生時代を思い出し、なつかしさも感じました。

地道な作業の多い研究分野なのですが、
時間を忘れて没頭する楽しさがあることを再確認して、
あらためて自分は研究が好きなんだ、と感じたり。

とはいえ、根をつめすぎては
いけないので、
友人を誘って、息抜きにまた中崎町近くの
雰囲気のいいお店でご飯を食べてきました。

隠れ家的カフェバー
ヌーンプラスカフェ

2300円のコースで
前菜、おにく、パスタ、デザートが楽しめ。
どれも彩りが良く、美味。

白い壁、現代アートで飾られた店内は雰囲気もよかったです。

今度はカフェで来ようかな、と。

ヌーンプラスカフェ



関連ランキング:カフェ | 中崎町駅梅田駅(阪急)梅田駅(大阪市営)




  1. 2015/01/24(土) 23:25:48|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今期の講義も終わり

こんばんは、雨男です。
今日で今期の講義も終わり。講義後の感想をみると、
おおむね良好で”毎回、楽しかったです”とか”今までのイメージが変わりました”とか
そういうのが、普通にうれしかったり。

とはいえ、受講生たちに学んだことも少なくなかった
講義だった。
いまの大学生たちの興味や関心、
わかること、わからないことを知り、それにあわせて
講義を組み立てていったことが良かったのかもしれないし、
もう少し難易度を上げてもよかったのかもしれない。

教える方も”学んでいる”ということ。

私にできることは限られているのだけれど、
受講生たちが自分なりの問題や興味を見つけて、
そこに今回の講義が活きていれば、良いかな
なんて

受け入れていただいた先生に
御礼を申し上げに研究室へお邪魔し、
ゆっくりとお話しできたこともよかった。

それと、講義終わりに大学付近を散策して
美味しい喫茶店でゆっくりできたことも
楽しみのひとつ

阪急六甲駅ちかくの”びーあん”さんは
けっこうアタリだった。
日替わり定食が実においしくて、お店の雰囲気も
神戸らしくおしゃれ。

来年の後半もこのあたりに来ることができそうなので
またの楽しみにしよう。

びーあん



関連ランキング:居酒屋 | 六甲駅六甲道駅


  1. 2015/01/22(木) 23:05:01|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高知にて



こんばんは、雨男です。
先日、高知に行ってきました。
せっかくの日曜日だったので、早起きして朝市へ。
高知の日曜市はお魚にお野菜に
おまんじゅうなどもあり、
ゆず餡の今川焼をほおばりつつ、職場に芋けんぴを
買って帰ってあげたり、と、
満喫することができました。

市の終わりには、高知城!

DSC_0197.jpg

高知市内の道路は、レトロ感満載な路面電車と
自動車の群れ。

よく交通事故が起きないなという感じの
道路もあるのですが、
街全体が(関西某所のように)せわしなくないからかなぁと。

路面電車の行き先は「後免(ごめん)」
もう一方は「伊野(いーの)」

  1. 2015/01/21(水) 23:47:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カラテキッド

こんばんは、雨男です。
教育者のはしくれでもある雨男ですが、
なかなか責任感のある仕事です。

学問を教えるということ。。。

まだ教わっているような、学んでいるような身でもあるので、
それを伝えていくということに
戸惑いや不安を覚えることも
常日頃なのですが、、、、

自分が学び体得してきたことを教えるとともに、
研究者を目指す後輩には、自身の内面に深く刻まれた問題意識を
もつことを、伝えることができれば、いいかな。なんて

今日は、ふとレンタルビデオ屋でみかけた
カラテ・キッドをみてました。

『ベスト・キッド』(原題:The Karate Kid, 劇場公開時の本編クレジットのタイトルはMoment of Truth)は、1984年に製作されたアメリカ映画。続編も作られた。
少年が日系人に教えてもらった空手を通して成長していく3作と、同様に少女が教わる1作、その流れを汲んだリメイク版がある。

ダニエルは母親と二人暮らし。内気な少年で友達がいないといつも嘆いていた。母親の仕事の都合により引っ越すことになった。新天地ではフレディという新たな友達もでき、フレディの誘いでパーティに行くことになった。そこでお金持ちの少女アリに一目ぼれ、すぐに相思相愛になるが、偶然通りかかった不良グループのリーダー格ジョニーがアリとダニエルの様子を見て激怒、ダニエルにケンカを吹っ掛けダニエルを叩きのめしてしまう。ジョニーはアリの元彼で、少年空手選手権のチャンピオンであった。ダニエルはフレディに「空手をやっている」と豪語していたために、フレディらはダニエルのあまりの弱さに愛想を尽かしダニエルのもとから去ってしまう。ダニエルはそれ以来ジョニーとその空手仲間達から壮絶なイジメにあうようになる。そんな中、アリとアパートの管理人ミヤギ老人だけがダニエルに優しく接する。ハロウィンパーティの夜、ジョニーらに仕返しを試みたダニエルは逆にリンチに遭ってしまう。ダニエルの意識が朦朧とする中、どこからともなく現れたミヤギがジョニーたちをあっという間に倒してしまう。実はミヤギは従軍経験も持つ空手の達人であった。
wikiより




長さを感じさせない
名作で、
いろいろと教育について考えさせられました。

人生を教えること。
生き方を伝えること。

バランスの稽古を覚えてるか、バランスは空手だけじゃない
人生すべてだ、全てがよくなる



  1. 2015/01/18(日) 23:59:02|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

守備範囲は広めに?!



こんばんは。雨男です。

むかし、”いろいろな人とつきあって、世界を広げて”という感じに
研究室に閉じこもりがちな雨男にアドバイスをくれた友人がいまして、
どこかこのことが自分のなかにひっかかっていて、
今の自分があるのかな、と思い出すことがありました。

というのは、むしろ最近、自分の研究の”庭”から一歩
踏み出す、というより
”こっちにおいでよ””あ、そっち行きまーす”的な
仕事が増えてきたところで。。。。
2月にある発表も、自分の研究領域を広げていく感じになりそうです。

それもこれも、いろいろな人と出会う機会が増えて、
雨男の仕事に共感してくれる人、面白いなといってくれる人が増えたからかな、と
思ったり、して。
今日もすこし違う分野の先生と話していて、
”あなたと仲良くなれてよかったわ”と。

そして、3月には化石を探す調査になぜか参加することに。。。。。

いや、なんで、と。
分野が違うので、、、、、化石なんてこの人生で掘ることなんてないかなーと
思っていた訳なのですが、
ひょうなことがきっかけで、参加することになりました。
ただ、化石があるかどうかわからないですし、
大きい化石ではなく、ちっさいものなんですけどね。

でも、研究室にこもって、きちんと基礎体力作りをしたことが
今に生きてきているのかな、と思います。

最近はパフォーマンス重視の研究も増えてきて、
走り込みもせずに試合ばかりでている若手もいるのですが、
それはよくない。
とはいえ、雨男も走り込み不足を感じることもあるので、
筋トレ、走り込みをきちんとしつつ、
芯を鍛えないとな、と思うところ。

ただ、すこし外で遊ぶ楽しみを覚えつつある今日この頃です。

冒頭の写真は、旅先でみつけたアンモナイトの化石です。


  1. 2015/01/17(土) 20:55:38|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年会

こんばんは、雨男です。
このまえ、大学時代の先輩、後輩たちと新年会で
梅田でのんできました。

あいかわらずの雰囲気が、本当に好きです。
フランクに研究のはなし、学界のはなしなども
できることがいいなぁと。

職場のいまの雰囲気も
ざっくばらんに研究のはなしができるっていうのがあって、
こういう議論の場が
研究にとって大切だと思う訳です。

講義やゼミも、もちろん必要ですが、
人から聞く話、自分の考えたこと、
というより、
考えをぶつけ合い、構想を練り上げていくことが
実は一番たいせつ。

卒業後、そういう職場に恵まれない
同世代研究者も多いかもしれませんが、、、、

そんな時、同じところで奮闘した戦友たちが集まる場所がある。
こういうの、いいな、と改めて感じた夜でした。

お酒は、北摂の銘酒・秋鹿
甘めのすっきりした日本酒を冷やでいただきました。

豆一



関連ランキング:居酒屋 | 梅田駅(阪急)梅田駅(大阪市営)大阪駅


  1. 2015/01/14(水) 23:08:31|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブルターニュの港町



こんばんは、雨男です。
すこしストレスのたまる休日出勤でしたが、
気持ちを切り替えて、と

こういう時、港町の静かなホテルで
物思いにひたりたい、なんて
おもうわけです。

DSCF9069.jpg
DSCF9064.jpg
DSCF9061.jpg
DSCF9062.jpg
DSCF9070.jpg
DSCF9302.jpg



今日のくやしい思いをバネに、、、
絶対上にいってやる

  1. 2015/01/12(月) 21:08:35|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クイニーアマン


中世のような雰囲気のレンヌ

こんばんは、雨男です。
事務仕事に忙殺され、少しストレスたまり気味だったので
早く仕事を切り上げてジムで泳いでいました

それと12月からけっこう外食多かったので、、、
すこし絞らないといけないな、と。

DSC_0189.jpg
DSC_0190.jpg

甘いものに目がない雨男ですが、
フランスのブルターニュ地方伝統のお菓子
クイニーアマンは、やはり絶品でした。

クイニーアマン(ブルトン語:kouign amann, 発音 [,kwiɲaˈmɑ̃nː])とは、フランスのブルターニュ地方における伝統的な洋菓子の一種である。フィニステール県ドゥアルヌネ(fr)の名物で、イヴ=ルネ・スコルディア(Yves-René Scordia)というパン職人によって1860年頃に創出された[1]。名称はブレイス語で「バター(amann)の菓子(kouign)」という意味。
作り手によって差はあるものの、一般的に外側は固めの食感で香ばしく、内側は甘味だけでなく塩気も感じられるものが多い。フランスではブルターニュ産の塩バターを用いる。(Wikipedia)

すっごいカロリー高そうですが、、、
甘党にはたまらない美味しさでした。

とはいえ、こういうのたべすぎた、といま、
反省しているので、
しばらくは節制しようとおもいます。


  1. 2015/01/09(金) 23:58:03|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七草粥を食す

こんばんは、雨男です。

実家に帰ると母が七草粥を作っていました。
七草とはスズナ、スズシロ、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、

このうち、スズナ、スズシロはカブと大根なので、
簡単にてに入りやすいですね。
おせちやお雑煮でつかったのをおいておきます。
あとは冬の田んぼまわりでよくはえているもの。
小学生のころ、
祖母と6日になると、とりにでかけたことを思い出しました。

誰よりもやさしかった祖母

すこし思い出しつつ、
地酒ともいえる黒松剣菱を傾けます。

正月、弟とともに地酒をいくつか買い込んできて
飲み比べたのですが、
やはり剣菱は旨かった
職場近くの地酒
呉春も好きでよくいただくのですが、
やはり実家のまわりもよくしらないと、と
言うことで

今日は職場で急に事務の方がやめられたり、と
すこしショックだったこともあったのですが、
そういうタイミングのとき、
祖母のやさしさと笑顔を思い出す
  1. 2015/01/07(水) 23:53:13|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2015始動



こんばんは、雨男です。
雨男の職場も昨日、今日でスタートダッシュ。
雨男は昨年来こわれていたPCを完全復旧し(それまでは自前のノートPCでカバーしてました)、
明日より年度末までに向けて報告書2冊作成に向け、
準備は万端。

夜はゆっくりとカレーを煮込んでました。
今日は鳥のミンチを炒めて、野菜を細かく切った感じで。
最期に目玉焼きをのせて、完成。

この1月は2校の講義も大詰め。
150人クラスの講義は当初戸惑いましたが、
真剣にコメントをくれる学生も多く、
楽しんでできているところ。
(本務校に帰るのが遅くなって、怒られたこともあったけれども)

そんな非常勤のたのしみは、帰り道に立ち寄るその街の喫茶店。
疲れを癒しながら、いただく珈琲は、
格別です。

そんななか、とある喫茶店に訪れたとき、
そこは絵画が数多く飾ってある
懐かしい感じの喫茶店でした。

絵画集めが好きなマスターとゆっくりと話しながら、
講義の疲れを癒した年末でした。

冒頭の写真はブルターニュのホテルに飾ってあったもの。
こういう柔らかい雰囲気が
最近、とくに好きです。


  1. 2015/01/06(火) 22:46:37|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の中崎町

DSC_0159.jpg

こんばんは、雨男です。
年始早々、2月頭にある研究会の発表原稿を郵送し、
すでに今年が終わった感がでてきた雨男です。
ようこそ2016

さて、過日、大阪キタの中崎町に友人と出かけてきました。
中崎町、ごぞんじでしょうか?
大阪梅田すぐ近く、レトロな町並みをのこした中崎町。
カフェに雑貨屋、古着屋等が多く集まった街です。
夜だったもので、すこし怪しげな雰囲気で
時空遡行したように散策しました。

攻殻機動隊 第11話 草迷宮を思い出しながら、、、
「そうか、あの妙な感覚は・・・郷愁・・・」


ここは化粧品のお店。

DSC_0161.jpg
珈琲舎・書肆アラビク。
なんというか。。。澁澤龍彦感あります。
古書にかこまれ、至福の珈琲。

DSC_0160.jpg
うまし。
いつも本に囲まれながら、珈琲をいただく雨男なのですが
専門書(と漫画)ばかりなので、
こういう雰囲気には憧れます。
今年は、絵画や写真集など、すこし違った本を集めようかな。

珈琲舎・書肆アラビク



関連ランキング:コーヒー専門店 | 中崎町駅天神橋筋六丁目駅梅田駅(阪急)




また行きたいと思います。

  1. 2015/01/05(月) 01:32:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

まったりお正月



こんばんは、雨男です。
正月はのんびりと、家族でおせちたべたり、すき焼き食べたり、
先輩研究者のおたくにおよばれしたり、
原稿書いたり、、、と、
過ごした雨男ですが、明日からは正月気分を抜いて、
年度末に向けて動き出そうというところ。

今年も自分らしく、背丈にあったペースで

それと、、、
この3月で、今まで支えてくれた後輩たちが
新しい出発をするので、なんかすでにさびしいところ。
昨年までは、自分が学生だった頃は良かったと思っていたのですが、
このチームがいいな、と考え直した一年だった。

次世代研究者とともに学び、お互いレベルアップしていく
今の立場は、
自分の研究人生にとって、本当に+だと思う。

だけど、次のステージに挑戦する気持ちも
芽生えてきた。

変わらないためには、変わらなければならない。



  1. 2015/01/03(土) 19:15:16|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひつじ



あけましておめでとうございます。
雨男です。
本年もどうか、この拙いブログをよろしくお願い申し上げます。

今年も目標は、脱皮。
恐れず、変化し続けたいと思います。

  1. 2015/01/01(木) 10:10:49|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
自己紹介 (1)
旅 (407)
日常 (592)
勉強 (6)

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

リンク

このブログをリンクに追加する