雨男博士の日常

TX.Austin



こんばんわ、雨男です。
こちらは深夜1時半。学会発表を終えた夜です。
疲れて、横になると寝ていました。。。。。

テキサス州オースティンは、州都。
テキサス州は、全米の中でも独立心が高いことで有名で、
合衆国旗とともに州の旗が数多くひしめいています。
上の写真は、州議会議事堂です。

DSCF5257.jpg
DSCF5270.jpg
DSCF5336.jpg

郊外には、ステーキ屋が大型ショッピングモールに併設されており、
日本で言うと、国道沿いのイオンの近くに和食さとがあるような感じ。

本場のサーロインステーキは、とても大きいのですが、
写真のサイズで、約1000円。脂身が意外と少なく、実に美味しかった!
つけて食べるソースもなく、肉の重厚な味わいを堪能。
肉のおいしい食べ方を育んできたのだなと感動しました。

オースティンの街並みは、歴史的に古そうな建物と現代建築が混在し、
複雑さを呈しているところ。
ただ、郊外にでると延々と広い道路と空がひろがります。

DSCF5289.jpg

アメリカ旅行はちょうど折り返し。学会も終わり、明日は失われた文化、プエブロ族がのこした遺跡へ。

前に進むためにも
スポンサーサイト



  1. 2014/04/27(日) 15:49:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

遅咲きの桜とわたりごめ

わたりごめ

こんばんわ、雨男です。
今朝、車で坂道をのぼると、淡い遅咲きの桜。
今年もみることができました.

ほっとする瞬間です。

慌てずに、マイペースでいいじゃないか。わしみたいな桜もあるのだから、と。
語りかけてくるようで、
焦るなよ、とやさしく声をかけてくれるようで

明日から渡米。アメリカの学会で発表してきます。
発表準備は早くにしていたのですが、いろいろな仕事を終えることが大変な最近でした。

初心者のような気分で、学んでこようと思います。
背伸びせず、マイペースに。

それとともに自分の力がどこまで通用するか、すこし楽しみな
出国前の静かな夜です。

  1. 2014/04/22(火) 23:41:51|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壱岐の旅3



子供向けの講座を依頼されて、困っている雨男です。
こんばんわ。
いったいなにをすれば良いのだろう...

それはさておき、壱岐の旅.港町で過ごした夜は、新鮮な魚貝類を楽しみにいきました。

三益寿司さんです。
日本酒:壱岐を冷やでたのみ、鯛の白子のお通し。
日本酒はスーーっといただける清いお味。

雨男はウニ丼を注文!
サイズも大きく、味も濃厚でかなり楽しめました。
朝の連ドラあまちゃんでみてから、ウニ丼食べたかったんですよね。
グーッと深みに潜っていくようなうまみです。
それから天ぷら!春の山菜に、新鮮な海の幸。
1つ1つの味が濃厚で、エビの歯ごたえなんて最高!!!
おなかいっぱいたべました
DSCF5114.jpg
DSCF5113.jpg

壱岐は麦焼酎発祥の地。
歩いていると、焼酎のみせをよくみかけます。
もちろん、おいしくいただきました。水割りで。
素敵な旅となりました。

DSCF5048.jpg
三益寿司



関連ランキング:寿司 | 壱岐市その他



  1. 2014/04/16(水) 23:43:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

壱岐の旅2

DSCF5032.jpg

リラックマのドンブリが欲しい妹のために、ローソンでシールを集めている雨男です。
こんばんわ。

今日は壱岐の旅2。
壱岐の旅では宿を郷ノ浦港でとりました。

レトロな港町で落ち着いて、懐かしさを感じる風景に出会いました

DSCF5101.jpg
DSCF5102.jpg
DSCF5103.jpg
DSCF5104.jpg
DSCF5105.jpg
DSCF5106.jpg
DSCF5107.jpg

塞(さい)神社は民俗学の教科書にのっていそうなセクシー系の神社。

日本書紀にも登場する猿田彦の妻である猿女君(さるめのきみ)が奉られている由緒ある神社です。
猿女君とは、天岩戸の裸踊りで知られる女神。
看板には、「明治末期までは壱岐島に上陸した男達は男根を女神に見せないと怪我をするといって、この塞神社で一物の御照覧を願った。」だそうです。

残念ながら狛犬さんはなし。

夕凪そよぐ港町をぶらりとあるきつつ。
探検をしていました。

  1. 2014/04/14(月) 23:50:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

壱岐の旅1

こんばんわ、サングラスを買いにいったら、案の定似合わず、
それどころか小悪党感が半端なく
結局、買わずに帰った雨男です。

アメリカ行きはNOグラサンで。
日差し強いとどうしよう。。。

さて、今日は先日長崎県・壱岐にいってきたときのはなし。

福岡・博多からフェリーに乗り、旅してきました。
道中素敵な神社をみつけたので、ご紹介いたします。
高御祖神社です。
狛犬さんが可愛い神社でした。

DSCF5030.jpg
DSCF5033.jpg
DSCF5034.jpg
DSCF5035.jpg
DSCF5036.jpg
DSCF5037.jpg
DSCF5038.jpg
DSCF5039.jpg
DSCF5040.jpg
DSCF5041.jpg
DSCF5042.jpg
DSCF5043.jpg
DSCF5044.jpg
DSCF5045.jpg
DSCF5046.jpg
  1. 2014/04/12(土) 22:40:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

のんびりと仕事



こんばんわ、雨男です。昼まで休みをとって、喫茶店でアメリカでの発表原稿チェック。
そのあと、ジムで汗を流して、午後から仕事と行った感じですごしました。

来週は岡山で学会がありますが、個人的に微妙。
企画にタッチしてないので、参加しなくてもいいかなと思っていたのですが、
報告や打ち合わせ等もあるので結局行くことに。

新年度がはじまり、市民講座や学会発表のオファーが舞い込んできた今週ですが、
無理がないようにしたいなと。
それでも2ヵ月に1回のペースくらいになりそうです。
呼ばれているうちが華かもしれませんので。

共同研究者として、依頼を受けた研究費も採択されたという通知を頂戴。
数えてみると現在6件くらい。
これもフックアップしていただいているからだなぁと、ありがたく思います。
足手まといにならないように、と。

写真は神戸三宮にあるお菓子屋さん
パティスリートゥーストゥースのクッキーと紅茶セット
おいしくいただきました。



  1. 2014/04/10(木) 23:56:26|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレーまつりのあと

こんばんわ、雨男です。
今日は同僚たちとカレーを食べにいってきました。
同分野の若手研究者で、食事に行こうということで
今日も行ってきたのですが、来月も、という感じで、
いいとも〜

雨男がいうのもなんですが、”同じ立場でしか味わうことのできない苦労”って
あるかなとおもいます。
若手研究者は下積みが長く、雑用等もかなり多い。
その反面、目に見える形での成果や実績が求められる過酷な修行です。
ごく限られた人しかつけないポストでもあるので、
なかなか周りには理解されない。

そんな中でも、あきらめずに努力できるのは、
研究者としての矜持と自分が選んだ研究に対する探究心。

だからこそ、気心知れた戦友との夕食は、
楽しいのかもしれません。



さて、話はかわって、過日、市民団体の方を案内したら、
上の写真にあるソースをいただきました。

関西圏は、ソースが命。
ということで、お好み焼きやたこ焼き、ウスター、焼きそば等、
いろいろな味のソースをいただきました。
関西と一口に言っても神戸と大阪、大阪でもキタとミナミで違い、
さらに家庭でもちがうのですけど、
とくにお好み焼きソースは大切です。

「カレーとお好み焼きは結局オカンのが一番うまい」というのは、
関西の男性ならわかっていただける方も多いのではないかと思いますが、
お好み焼きはお昼などによく母親がつくってくれるものの一つ。
ソースは、味の決め手なので、ドロッとさせるか、甘みがつよいかなど、オカンの好みが反映するのです。

いちじくソースなるものも、ありました。
おいしいんスか?と疑心暗鬼できいてみたら、
ダマサレタ思て食べてみてください!とのこと。

甘くて、濃厚でちくわの磯辺焼きなどにぴったりの美味しさでした。
母も大満足で、しばらくフライ料理がつづきました。。。。

みなさまもいかがでしょう?

  1. 2014/04/08(火) 23:13:46|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

朧夜の夢

こんばんわ、雨男です。
過日、祖母が亡くなり、慌ただしい日が続いていました。
職場の理解もあって、年度当初の忙しい中でも
十分な休みをいただけ、祖母の最期を精一杯おくってあげることができました。
正月に挨拶にうかがった時には元気だっただけに、急でもあり、
いまは落胆している母を支えてあげようと思っています。

祖母に連れられ散歩した古い街並みや公園、春祭りには花火と初鮎の塩焼き、
祖母の話を聴いて寝付いた夏の夜、
大勢の親族が集まった正月。
幼少期、思春期のさまざまな思い出が蘇り、
成人後の勉学についても陰ながら支えていただいたことをただ感謝。

そんな祖母は読書家で、短歌を愛し、朧夜の夢という歌集を上梓しました。

激動の時代を生き抜き、子供や孫たちに囲まれた祖母にとって
振り返る人生は
この春の夜にみる夢のようだったのか。
いまはもうわかりませんが、この季節になると祖母の思い出とともに
このことを思い出しそうです.

  1. 2014/04/05(土) 22:25:16|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エイプリルフール

こんばんわ、雨男です。
エイプリルフールな今日ですが、事務のおねえさんと「うそつかないと、いけないっすよねー」と
言ってながら、郵送物の手配をしていたら、結局いまです。
うそをつかないにこしたことはないのですが、こういうオマツリは
やらなきゃソンかな、と思いながら...


新任の方にも挨拶して、今日から年度始め。
おやつ(高級ようかん!)をたべて、今年度も頑張ろう。


DSCF5018.jpg
DSCF5019.jpg
  1. 2014/04/01(火) 21:47:27|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
自己紹介 (1)
旅 (407)
日常 (592)
勉強 (6)

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

リンク

このブログをリンクに追加する