雨男博士の日常

旅する雨男

こんばんわ、旅する雨男です。

先日訪れた韓国では、ホテルが豪華!
共同研究する相手方の機関に予約いただいたのですが、
明らかに2人用。広くて、かなりくつろげます。
韓国ではビジネス用のホテルがあまりなく、恋人同士のホテルが多いため、
こういうことがよくあり、、、、昔、無邪気な先輩が予約したために、
男二人で、華やかな部屋に泊まったこともあります。。。

DSCF4610.jpg
DSCF4611.jpg

部屋に風呂が広いですが、なんかもったいない気がします。
1泊7000円くらい

次はイギリス・ロンドンです。
こちらは物価が高く、8000円~10000円で日本のシングルがやっと。
この値段でもシャンプーやひげそりなど、全然ないので、
アメニティは期待しない方がいいです。無線ランもありますが、
あくびが出るほど遅いので、注意したほうがいいです。
朝食もおなかいっぱい食べることはできますが、好みが分かれます。
でも街や部屋の雰囲気はすごくいいです。

IMG_8015.jpg
IMG_8019.jpg
イギリスの朝ご飯

つぎはフランスの田舎町。小さな町の教会近くにあるホテルとレストランでした。
まわりは大自然で、大昔の遺跡もあり、最高でした。値段は8000円くらいしたとおもいます。
フランスらしくシンプルですが、ハイセンス。
朝食はクロワッサンにオレンジジュースという感じでしたが、
ディナーは前菜に、メインディッシュのお肉、デザートと完璧で、
素材一つ一つの味が生きていて、ワインに酔いしれたことを覚えています。
この秋、またフランスに行く機会がありそうなので、楽しみです。

IMG_8511.jpg
IMG_8513.jpg
IMG_8509.jpg

最後にボストン。こちらはダブルで、24000円くらいなので、やはり割高。
だけど、ボストンらしく歴史ある趣で、
落ち着いたいいホテルでした。
アメニティは中の下。石鹸はあるのですが、シャンプーやボディソープなどはなく、
もちろん髭剃りも。
朝食は一番下の写真のような感じで種類豊富でしたが、
なにぶんどれもアメリカンサイズ!

DSCF0709.jpg
DSCF0932.jpg
DSCF0934.jpg
DSCF0942.jpg

と、いろいろと最近旅したところのホテルの写真を並べてみましたが、
デザインやアメニティ、価格などに地域や国の特徴が出ますね。
日本の温泉旅館は身も心も癒されますし、
ビジネスホテルもまたアメニティの充実は星いくつつければいいのって感じではありますが、
街の景観や伝統とかを大切にしてるかというとそうでもないところもあり、
なかなか好みが分かれそうです。

各地を旅する幸運に感謝しつつ、
来月後半のアメリカ旅行はどうなるかなと思っています。

来週は、対馬に行ってきます。


スポンサーサイト



  1. 2014/03/31(月) 20:59:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

佐勘 梅田店

こんばんわ、雨男です。
昨日、スマホをうっかりわすれて研究会へ行きました。
とくに緊急の仕事や連絡がなくとも、やはり不安ですね...
いつのまにか携帯に束縛されている自分に
情けなさと恐ろしさ?携帯がない時代はみなどうしていたのだろうと
おもったところです。

今年度の仕事もおおむね終わりということで、
友人と東北料理のお店に行ってきました。
佐勘 梅田店は、みちのく東北郷土料理と地酒を堪能できる
小さな居酒屋。
韓国帰りで胃腸も疲れていたので、この店をチョイスしました。

板前さんを目の前にしたカウンター席で
みちのく料理を味わう。関西にいながらにして、贅沢です。

比内地鶏とだし巻き
地鶏のはごたえがなんともいえません。
だし巻きは、ふっくらとやわらかく、これまた絶妙


そして、きりたんぽ鍋。
団らんの風景が目に浮かぶ、やさしい味のお鍋でした。
DSC_0081.jpg

さいごは当店名物の稲庭うどんでしめ。
夢中になってしまい写真は撮れていませんが、
このお店、ランチもやっておられるので、次の機会にしようかな.

阪急梅田駅茶屋町口でて、ちょっとのところにある。
素敵なおみせです。


佐勘 梅田店



関連ランキング:居酒屋 | 梅田駅(阪急)中津駅(大阪市営)梅田駅(大阪市営)






  1. 2014/03/30(日) 21:33:03|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨男博士の料理教室



こんばんわ、雨男です。
そろそろアメリカ行きの準備もしなきゃと思う今日この頃です。

さて、先日は某所にてクッキングスクールの講師をつとめてきました。
とはいえ、実際に料理をおしえ。。。。る腕前はなく、
ごはんが炊きあがるまでのあいだの
小話をするという感じでした。

むしろ料理の基本等を学んだくらい。
ひと手間でおいしくなるってのを教えていただいたので、
またしてみようと思いました。

講義は、、、なんとかなったかな。
質問も多く、なかなか帰してもらえませんでした。
なにより自分が熱中している研究領域の魅力が伝わればとねがっています。

でも、料理も学べて、様々な研究の話もきけるこの企画はいいなとおもいます。
レシピ本ができれば、素敵かな。

料理の腕も!すこし挑戦しようとおもった雨男です。

※ 写真は、当日受講生の方がつくった料理です。
  1. 2014/03/28(金) 23:12:53|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いい日旅立ち

雷

こんばんわ、雨男です。
この季節、出会い別れの季節ですね。

雨男の職場でも、巣立つ方あり、新しく挨拶に来られる方ありで
桜が咲くこの季節はどこか切ないですね。

お世話になった事務のお姉さんも退職となり、
先日メッセージカードを添えて、同期とともにプレゼントを手渡してきました。

事務的な仕事を一から教えていただいた方なので
本当にさびしくなりますが、
仕事の面ではもう頼らなくても大丈夫かな。

巣立つ後輩もあり、
新しい場所で活躍を願う今日この頃です。

そして、雨男も巣立ちの季節が近づいていることを
真剣にかんがえる、
最近です。

  1. 2014/03/27(木) 23:36:57|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おやつ



韓国のとある大学ちかくのカフェにて
  1. 2014/03/24(月) 22:02:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

韓国光州にて

こんばんわ、雨男です。
今回の出張も本日でおおむね終了。
明日、帰国です。

様々な方々に支えられ、この調査旅行もできたのだなと実感。
実力も語学力もない自分をあたたかく迎え入れていただいた
先輩研究者に感謝です。

久々に酒に溺れた調査でもありました。。。
韓国式は、焼酎(ソジュ)をおちょこのようなガラス瓶につぎ、
一気にクイッと飲み干し、相手に渡すのですが(中国と良く似ています)
焼酎は20度くらいあるので、調子に乗りすぎると....

お察しの通りになる訳で。。。

胃腸薬は欠かせません。

でも、コレがないとダメなので
がんばりました

本番は年度が改まってから!
がんばろう。

  1. 2014/03/20(木) 23:45:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

関西国際空港にて



おはようございます。
雨男です。
今日より4日ほど韓国出張です。
これからはじまる研究プロジェクトの一環です。
最年少なので、教えていただくことの方が多そうですが(汗)
無理せず、できることを頑張ろうと思います。

今回はソウル。自由な旅という訳ではありませんが、
自分らしく。

年度末のこの時期に出張を許してくださる上司、後輩たちに感謝です。

  1. 2014/03/18(火) 08:42:45|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バードランドの子守唄

DSC_0031.jpg

こんばんわ、雨男です.
展示会もそろそろ終盤。セキュリティもかねてみまわりをしていると、
お世話になっている研究者にあうこともしばしば。。。というかほぼ毎日。
うれしいです。

先日は、学恩ある方々にぜひといわれ、一日案内させていただきました。
そこに雨男にジャズの魅力を教えていただいた方も加わり、
楽しい一日となりました。
月末、CDもいただけることになり、うれしい限り。

教えていただいた
ニューヨークのバードランドに行った時の話もしました。
バードランドの子守唄も話もでました。

Jazzのスタンダード バードランドの子守歌”Lullaby Of Birdland”は、
1952年、盲目のジャズ・ピアニスト、ジョージ・シアリングの作曲。
甘い歌詞が素敵な楽曲です。

Oh, lullaby of birdland
That's what I always hear,
When you sigh,
Never in my wordland
could there be ways to reveal
in a phrase how I feel

Have you ever heard two turtle doves
Bill and coo, when they love?
That's the kind of magic music we make with our lips
When we kiss

And there's a weepy old willow
He really knows how to cry,
That's how I'd cry in my pillow
If you should tell me farewell and goodbye

Lullaby of birdland whisper low
Kiss me sweet, and we'll go
Flying high in birdland, high in the sky up above
All because were in love

Lullaby Lullaby

Have you ever heard two turtle doves
Bill and coo, when they love?
That's the kind of magic music we make with our lips
When we kiss

And there's a weepy old willow
He really knows how to cry
That's how I'd cry in my pillow
If you should tell me farewell and goodbye

Lullaby of birdland whisper low
Kiss me sweet, and we'll go
Flying high in birdland, high in the sky up above
All because we're in love

歌詞を関西風におもいきって訳すと、

バードランドの子守歌。
あんたがため息つくとき、よぅ聞こえる歌やねん。
あかん。言葉じゃ言い表せへんわ。

聞いたことある?2羽のキジバトがおって、愛し合うときの鳴き声って?
うちらがキスするときの魔法の音楽みたいなもんらしいんやって。

あそこに古いしだれ柳があるけど、ホンマになくのが得意やね。
あんたに”サイナラ”言われたら、そんな感じで枕を濡らしてしまうわ。

バードランドの子守歌
そっとささやいて、やさしくキスして。
そしたらバードランドを、空高く飛べる気分になるわ。
だって愛し合ってるんやから。

なんでしょうね、このたかじん感
週末の夜になにしてるんだかといった感じですが、
一種の英語のトレーニングです。。。。

関西(とくに大阪)の恋人同士では
こういう会話は笑いに変わる。。。というかワンフレーズごとにツッコミがはいりそう。
ジャズの雰囲気にはならないわけですがw

だからこそ本場の魅力ってあるんでしょうね。
関西には関西のソウルバラードがありますし、
アニメにはアニソンがある。

ジャズの歴史や文化については
いろいろと教えていただきながら学ぼうと思います。
(そういう約束をしました)

  1. 2014/03/16(日) 22:26:44|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャッスルホテル@UK,Devizes



こんばんわ、雨男です。
おだやかな年度末をすごせています。いまからジムで泳いでくる予定。
余裕をもって仕事ができるようになってきたことは、
社会人3年目の自分にとっては、1つの成長かな、と

とはいえ、先輩方にとっては、まだまだ青二才なわけですが。。。

さて、今日はイギリスのとある街にあった
キャッスルホテルをご紹介。
小さいホテルでしたが、教会が近くにあり、静かな街で快適でした。

なんと開業は18世紀。江戸時代の老舗旅館と比較できるでしょうか。
このホテルにとまって、車でストーンヘンジやソールズベリー大聖堂などをめぐりました。

IMG_4303.jpg
IMG_4305.jpg

なかにはもちろんパブもあり。
ただし、酔っ払って、写真はブレブレ。。。。
料理も大変おいしかったです。

IMG_4293.jpg
ホテルの裏手には、教会があります。
この教会は、当地Devizesの最も古い教会で、12世紀にさかのぼるとのこと。
教会の塔やお堂は、15世紀に増築されたものもあるそうですが、
この街のシンボル的な協会になっているそうです。


あとで知ったことですが、この教会では、トラスト(歴史的建築物の保護を目的として英国において設立されたボランティア団体。)と呼ばれるコミュニティが
様々なイベントをなされているそうです。
珈琲をのみながらのコンサートや映画上映など。

IMG_4289.jpg
IMG_4285.jpg

昨年の今頃、『歴史を活かしたまちづくり』をテキストに
こういったイギリスの事例を紹介していましたが、、、、おろそかになっていましたね(汗)

もしご要望あれば、また勉強を続けたいと思います。

歴史が息づく街並みは、旅人のみならず、
地域に生きる人々にとって人生を豊かにするものだと思いますし、
東北の復興にあたってもこのことは忘れてはならないと青二才ながらに考えています。



  1. 2014/03/13(木) 19:17:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

3月11日

mori18

こんばんわ、雨男です。
もう東日本大震災から3年。まだ震災から3年。
テレビの震災特集を眺め、いろいろと考える数日間です。

この初夏、福島に行こうと思います。

  1. 2014/03/11(火) 23:00:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おはぎ

3月9日  

抜粋
レミオロメン
作詞:藤巻亮太 
作曲:藤巻亮太 




流れる季節の真ん中で 

ふと日の長さを感じます


せわしく過ぎる日々の中に

私とあなたで夢を描く


昼前の空の白い月は

なんだかきれいで 見とれました



上手くはいかぬこともあるけれど 

天を仰げば それさえ小さくて


瞳を閉じれば あなたが

まぶたのうらに いることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい 






数年前亡くなった祖父母の墓前におはぎをそなえて。
ふと、思い出しました。

あなたが いたことで
どれほど強くなれたでしょう

  1. 2014/03/09(日) 23:46:09|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロイヤルホース@梅田

こんばんわ、雨男です。
今年1冊、本を刊行し、
今抱えている2冊の本も大詰め。
これをしないといけないのですが、
展示解説のお願い等もあり、
ときに人類はどうして分裂(分身?)する方向に進まなかったのだろうと
思う時もあります、、、が
(博物館受付のお姉さんからのお願いは断りきれず)展示解説を優先しています。
遠方よりおこしになった方々には、やはりできるだけの恩返しというか、楽しんでいただきたいです。

とはいえ、息抜きなくてはダメ。
昔の人はいいこといいました。
All work and no play makes rainman a dull boy.
勉強ばかりで遊ばないと、雨男はバカになる(ま、そもそもばかだというのは抜きにして)。

ですので、息抜きでジャズバーに行くことがたのしみとなっています。
最近、梅田のロイヤルホースに訪れます。
大阪のジャズを牽引してきた老舗バーです。


DSC_0073.jpg
DSC_0074.jpg

お酒も豊富で岩手の地ビール銀河高原ビールもいただけます。

蠱惑的な調べと熟成された味わいの数々、
こういうひと時を
最近大切にしています

ロイヤルホース



関連ランキング:居酒屋・ダイニングバー(その他) | 東梅田駅梅田駅(阪神)梅田駅(大阪市営)




  1. 2014/03/08(土) 23:55:26|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親孝行って

こんばんわ、雨男です.
先日、朝、さ、職場に行こうと思ってスマホをみたら、
実家から10件の着信。
家族の一大事か!と驚愕しましたが、、、、
『雨男、あんたがやった展示、今日見に行くから!』

えっと、今日急がしいんですけど。。。。と
正直思いましたが、たまには親孝行と思い、
両親を案内しました。

展示会場では、両親に解説していると、、、
当然、ほかの観覧者からも「先生、これは?」となり、
ゆっくりとはできなかったのですが、、、、

カフェでランチをごちそうし、なんとかわずかな親孝行ができたかな...
ふと
チキンライス 浜田雅功×槇原敬之
の歌詞を思い出しました。

親孝行って何?って考える
でもそれを考えようとすることがもう
親孝行なのかもしれない

子供の頃たまに家族で外食
いつも頼んでいたのはチキンライス
豪華なもの頼めば二度とつれてきては
もらえないような気がして

親に気を遣っていたあんな気持ち
今の子供に理解できるかな?


  1. 2014/03/06(木) 23:11:30|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

女子会with

セーヌ河

こんばんわ、雨男です。
大学時代の同期で集まるから(・ω・)ノシ
ということで呼ばえていってみたら、女子会に男(雨)が混じるという感じで。。。
生々しい女性たちの本音につきあってきました。。。
思い出深い方ともひさびさに話せて良かったかな.

昼間は同じく学生時代にはいっていたサークルを手伝いに.
こんなころ、あったなーと久々に懐かしく思いました。
当時は一生懸命で、前を見る余裕しかありませんでしたが

ピーターパンの気分でいた雨男ですが(大人になれ!)、
時は残酷というか、やはり進んでいて、
そんなことなどを感じた春前の日曜でした.

  1. 2014/03/02(日) 23:38:34|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
自己紹介 (1)
旅 (407)
日常 (592)
勉強 (6)

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

リンク

このブログをリンクに追加する