雨男博士の日常

エビスな夜は

こんばんわ。
雨男です。
先週、締め切りも無事完了し、今週も1本論文を投稿。
12月は企画・立案にたずさわったシンポジウムでの発表や
研究プロジェクトでの発表、研修の講師、野外調査など
いろいろと大忙し
だけど、息抜きも必要ってことで(いつも息抜きしてる気もしますが。。。)
このまえ梅田で呑んできました.

IMG_1514.jpg


場所はYEBISU BAR 梅田店
名前のとおり、エビスビールをだしてもらえる店ですが、
ビールを用いたカクテルもあり、
一品一品ビールにあう料理も充実していて
食事を楽しみことができました。

場所はHEPや阪急メンズ館の地下です。
内装は落ち着いた雰囲気で、デートとかでもいいかもしれません。

ちょうどお世話になっているフランス人研究者が
関西にやってきていたので、
アメリカ人留学生をさそって、
3人でのみに。

こういうとき、和食や大衆的な居酒屋でもいいのですが、
ゆっくり、喧々諤々と話をしながら呑むなら
やっぱりビールのうまい店.
ということで、YEBISU BAR 梅田店に

まずはまろやかな琥珀エビスで乾杯
料理は、定番の唐揚げやソーセイジの盛り合わせ.
それとおつまみ牛タンシチュー。
ソーセージは各種ともおいしく、ビールによくあいます。
牛タンシチューもビールの風味で、味わいぶかいものです。

真鯛のフィッシュ&チップスは、ヱビスを使用したそうで、
ヱビスバーオリジナルの一品。
たのむときに
「イギリスで食べたら、(まずくて)次の日仕事ができなくなる」といって
店員のおねえさんを苦笑いさせていたフランス人も
うまいうまいとたべていましたWW

食事もすすみ、すこし趣向をかえて、
ビアカクテル・桃小町を。
レッドアイとか、ビアカクテルをのむときもあるのですが、
あまり好みではなかったのですが、
桃小町はまさにカクテルといった感じで、甘く!
おいしくいただきました。

〆はアイスを。これも十分においしいものでした、
ビールだけでなく、食事もおいしいバーでオススメです。

YEBISU BAR 梅田店
[梅田×エビス×バー]
YEBISU BAR 梅田店
大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅 徒歩1分
〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町梅田地下街2-9 ノースモール2(地図
ぐるなびで YEBISU BAR 梅田店 の詳細情報を見る
※2012年11月27日現在の情報です

ぐるなびぐるなび梅田×バー梅田のグルメ情報もチェック!

スポンサーサイト



  1. 2012/11/27(火) 00:30:29|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名刺



こんばんは。
雨男博士です。今日、名刺をつくりました。
初夏に200枚くらいつくった名刺もいつのまにか
底をつき、あらたに製作。
研究者って研究室のなかにこもっているイメージかもしれませんが、
実際は様々な方にお会いする機会が多く、
雨男だとだいたい週に10〜20人くらいは新しい方に会います。
そのすべてに名刺を渡す訳ではないですが、
ひとつひとつの出会いは大切ですので、なるべく名刺を。
やはり人付き合いは大切です.

夜は、職場の同僚(といっても他分野の研究者)と呑みに。
大衆的な居酒屋で、
喧々諤々とそれぞれの学会のはなしや
職場のゴシップwwww
高尚な分野の研究者が意外に世俗的な話題に詳しかったり、
あとは調査や留学された世界各地の話をきけるのが
ほんとうにたのしかった。

いろいろな刺激をうけた今日。
やはり気心知れた同僚との飲み会は、たのしいものです。

  1. 2012/11/23(金) 00:27:47|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

島根調査~真名井神社

真名井神社

こんばんわ。雨男です。
引き続き、島根調査のことを。
今日は松江市真名井神社。

真名井神社9

背後には茶臼山がそびえます。
地元では「神奈備山、かんなび山」と呼ばれ、信仰の対象となっています。
写真は、地方の役所が置かれた場所から。
歴史的な風景です。

真名井神社2

入口には狛犬がお出迎え。
出雲型狛犬は、威嚇のポーズで迫力があります。

真名井神社4
真名井神社3

さっそく、境内へ

真名井神社5

ながい階段をのぼると、、、、

真名井神社6

意外とかわいらしい、狛犬。
おそらく最近奉納されたものかなぁと

真名井神社8

社殿は大社つくりです。

この真名井神社には、木製の狛犬も奉献されており、
それを今、島根県立八雲立つ風土記の丘展示学習館で
みることができます。
狛犬は、木製→石製へと変化したそうですが、なかなか面白いもので、
雨男もちまちまと勉強しています。
(もちろん、自分の研究も。。。あ、論文のしめきり。。。。)

  1. 2012/11/21(水) 20:34:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

フォロー

大寺薬師にて

おはようございます。
雨男です。
最近は朝一段と寒くなりました。
朝6時くらいにおきて、顔を洗う時の
水のつめたさ。
季節の変化を感じます。

このまえの島根旅行は、
事前の準備が功をそうし、
スムーズにすすめることができました。

異分野横断研究の一環だったのですが、
他研究分野の後輩が、陣頭指揮をとってくれて
たのもしかった。
雨男はそのフォロー。
スケジュールを円滑にすすめる情報収集とか、先輩研究者、上司との調整とか。

旅行が終わったとき、
的確なフォローありがとうございました、と言われたことがうれしかった。

ただ、問題は事後の処理でまた後輩がなやんでいるところ。

少佐をバックアップするバトーじゃないけれど(すいません、攻殻機動隊ネタです)、
この異分野横断研究を成功させるためにも、
後輩にもがんばってほしいので、
フォローしてゆこう。

研究者の世界にも中間管理職的なものがあり、
雨男はまさにそれなのですが、
自分にできることを頑張ってゆきたいなーと
おもう今日この頃です.

今週は論文1本の投稿、12月のシンポジウムの原稿を提出すること。
あとは物品の廃棄とか奈良へ出張とか。。。。。
あさごはんをしっかりたべて、頑張ろう.
  1. 2012/11/20(火) 07:17:04|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鰐淵寺へ2

こんばんわ。
雨男です。鰐淵寺のつづきです。

鰐淵寺へ1

まずはお参拝をして、と。

鰐淵寺へ3

境内を散策。
雨も小雨となり、古刹は趣深い雰囲気でした。

この鰐淵寺、起源は推古天皇の頃にさかのぼるといいますから、
なんと1400年の歴史。
中世のころには出雲大社と習合し、鰐淵寺の影響力が大きかったといいます。

鰐淵寺へ5

鰐淵寺には本堂のよこに摩陀羅神社があります。
そこからみた景色が絶景。
八雲たつ山々に感動します。

鰐淵寺へ6


雨の中でもやまぬ好奇心

このお寺の起源となった浮浪滝へ旅します。

鰐淵寺へ8


足元が悪い中、気を付けながら歩いてゆくと。。。。

鰐淵寺へ9

滝!!!

この滝から
壬申年銘をもつ銅造観音菩薩立像(重要文化財)が発見されたといいます。
この壬申年とは692年ではないかという見解があり、
そうするとお寺の起源とも年代が近く、
興味深いところです。

そして、聖徳太子の頃ですから、日本で仏教が普及しはじめた時代。

では、どうして山陰のこの地に?

大きな歴史の謎が、秘められていそうです。


  1. 2012/11/18(日) 17:30:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

鰐淵寺


こんばんわ
雨男です。

このまえ、島根県鰐淵寺に行ってきました。
鰐淵寺

由緒ある山陰の古寺です。

弁慶の修行地でもあるそうです。

鰐淵寺6

お寺は駐車場からすこし歩きます。

参道は静かで、ちょうど紅葉が色づきはじめていたので
秋を楽しむことができました。

もっとも、雨でしたが

鰐淵寺5

ただ、雨の趣もあってこれはこれでよかったのです。

鰐淵寺7

鰐淵寺8

鰐淵寺10

鰐淵寺11

住職にご挨拶して、拝観料を支払い、
長い石の階段をのぼると、、

鰐淵寺12

鰐淵寺13

島根なので、狛犬もおしりをあげています。
いわゆる出雲型狛犬。
出雲大社の宮司さんにきくと出雲大社には1体もないそうですが、
(これは不思議)
山陰地域の狛犬は、こういう威嚇のポーズがおおいのです。

つづきは、また。
鰐淵寺は本当に感動的でした。



  1. 2012/11/16(金) 00:10:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

新手帳!

新手帳!

こんばんわ。
雨男です。島根調査も順調に完了し、予定通りに終えることができました。
意外な成果もあって、いい旅となりました。

今日は落ち着いて、日常。
2013年の手帳を買いました。
もう2012年も終了。
今年はいろいろと充実した年でした。

来年の春先くらいまで予定もはいりつつあります。
ま、なので急いで手帳を買った訳なのですが。
さきのものだと5月。。。
旅行中、電話がかかっていて、”雨男さん、来年5月の講座、よろしくです〜”と
伝えられたけど、
5月って!!!

光陰矢の如し。
年月が早くなってきたなぁと思うけど、
来年も充実した年になるよう、計画をしっかり立ててゆこう。

ちなみに手帳は、ITO-YAでCOLOR CHARTのA6サイズを購入。
落ち着いたデザインに機能的な中身。
書き込みやすく、良い相棒となりそうです。




  1. 2012/11/13(火) 23:19:08|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

山口の旅③ 〜秋芳洞〜


おはようございます。
雨男です。
すっきりとした秋の朝、散歩していたら紅葉の深まりを感じました。

今日から島根に調査。
たのしみです。

と、先週の思い出を。

秋芳洞へ行ってきました.

秋芳洞2

紅葉にはすこしはやかったのですが、
しんしんと落ち着いた森をぬけると

秋芳洞

広大な地下世界への入り口が広がっていました

秋芳洞3

ドラえもん のび太と竜の騎士を思い出します

なかは意外と広く、ドームになっています。

秋芳洞4

ところどころに彫刻のようにならぶ
鍾乳石の数々。

多様な形が自然の神秘をおしえてくれます。

なかでも感動的だったのが、千枚皿

秋芳洞5

悠久のときの流れを感じ。。。。

闇よりもなお暗き存在
夜よりもなお深き存在
混沌の海、たゆたいし、、、、

おもわず呪文を唱えたくなりました

ま、そんな突発的にあらわれる中二病はおいといて。。。

1時間くらいゆっくりと洞内をめぐりながら
自然を不思議をあじわうことができました。



  1. 2012/11/10(土) 08:34:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

山口の旅② 大内氏館~龍福寺~

引き続き、山口の思い出です。

山口県山口市にある龍福寺に訪れました。

大内氏館

周防国・長門国を本拠とした大内氏の居館である大内氏館跡が復元されています。

室町時代から戦国時代に活躍した大内氏。
大内氏の繁栄とともに“西の京都”として栄え、
雪舟、フランシスコ=サビエルを招くなど文化的にも成熟した山口。
1551年に家臣の陶隆房の謀反により滅びるまで、
領国支配の拠点として政治・文化の中心となってきました。

大内氏館2

最近では発掘調査も進み、
京都の室町将軍邸を模範とした居館を構え、
庭園を設けたことが判明しています。

大内氏館4

山を借景とした見事な庭園が復元されて、、、、
あ、あれれ、雲行きが。。。

上司「来たるべき時が来たな、雨男君」

雨男(´・ω・`)

大内氏館3

ま、雨のことはおいといて

この大内氏館跡が素晴らしいのは、儀式や宴会の度ごとにつかった土器やゴミが発掘で発見されて、
儀式や宴会の内容がわかったことです。

しかもそれを現代にアレンジ

宿泊したホテルのスタッフも遺跡のことを知っていたし、
料理もあった。

大内のお殿様が前将軍様をもてなしたお料理を忠実に再現した
「平成大内御膳」を湯田温泉のホテル・旅館6カ所でご堪能いただけます、とのこと!
http://yamaguchi-city.jp/ouchigozen/eat.html

しかし、大内義興(よしおき)コース

<十品 5250円(税込)>

え、ええt、ボーナスはまだなので。。。。

でも、次に山口に来たときはたべてみたいな。

足利義稙(よしたね)コース

<七品 2100円(税込)>の方を。。。

でも、なんで将軍の方が安いんだろう
  1. 2012/11/07(水) 23:09:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

わたりごめ

秋吉台


おはようございます。
雨男です。
写真は秋吉台です。
やはり雨でした....
写真とはうってかわって、今日はすがすがしい朝。
早起きして、コンソメスープを作って快適な朝のスタートです。
もうすぐ出勤。

先週、研修旅行中に上司から
来年学会発表のために渡米しないかというおさそいが。

正直、メンバーにはいらないだろうと思っていたので、
驚き。。。。
いいんスか?俺で?と内心思いながらも
断る権利など俺にはのこされていなかった
(攻殻機動隊S.A.C second gig14話)

まだきちんと決まった話じゃないので、
先はわからないけど、
準備はしっかりしておこう。
自分にとって良いチャンスだ

わたりごめ
  1. 2012/11/05(月) 07:53:24|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山口の旅①

こんばんわ。
雨男です。先週は職場の研修旅行で山口県にお邪魔しました。
紅葉には少し早いですが、
のんびりとした時間が流れていてゆっくりすることができました。

まずは、これ。
錦帯橋!

錦帯橋

日本三名橋のひとつ「錦帯橋」 (きんたいきょう) は日本を代表する木造橋です。
完成は1673年 (延宝元年) 10月。江戸時代前期ですね。
アーチが大変美しく、まわりの景色を際立たせます。

のんびりの川の流れを眺めていると、やすらぎます。

橋を見学した後は、カフェ・喫茶緑の里さんで昼食。

鯛

鯛そうめんに岩国すしをいただきました。
素材を生かした野趣あふれる昼食にすっかり満足。

ちらしずし

帰り際、店頭で販売されていた団子をこっそり買って、
街並みをうろうろと楽しんでいました。

  1. 2012/11/04(日) 19:22:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
自己紹介 (1)
旅 (407)
日常 (592)
勉強 (6)

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

リンク

このブログをリンクに追加する