雨男博士の日常

雷雨

旧石器人が住んだ洞窟前

今日、関西は昼と夕方に雷雨。
バケツをひっくり返したような激しい雨でした。

旅に出るとなぜか雨が降る雨男。

今日は、どこにもいかないのに、よくふるなぁ、なんて
のんきに仕事をしていました。
会議などはありましたが、基本的に外にでなくていいので、
僕のせいではないな、と。

そこへやってきた上司。

上司「すごい雨だ。さすが、雨男くん」
雨男「えぇ、まあ、」
(今日は僕のせいじゃないっすよ)

上司「さっき、会議前に事務の○○さんと話してて、今日の会議、雨なのは雨男君のせいかもしれませんよって」
(余計なこというなぁ)
○○さん「雨男君の雨男ぶりは有名ですからね。▲▲部でも、そういう話を聞きましたよ」
(え?)

上司「だって。雨男君の能力は事務でも有名らしいなぁ。ハハハ
雨男「・・・・・・・・ハハハ

チ、チクショー
変な噂たってんじゃないか。。。

明日は▲▲部で打ち合わせ。
雨、降らないといいな
スポンサーサイト



  1. 2012/05/29(火) 23:45:09|
  2. 日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

TOKYO

蛇体鉄柱式共用栓

土日は東京へ出張。

土曜日は、とある学会の総会があったのですが、
スルーして(というより午前まで別の仕事をしていたので)
午後から東京入り。
サブカルの聖地中野ブロードウェイに行きました。

いやぁ、人間息抜きが必要ですから。
それに東京来る機会なんてなかなかないですからね。
え?学会へ行け?
ハハハ
仕方ないっしょ

中野ブロードウェイではAライセンスでカレーを食し、古本やキーホルダーなどを物色。
幸せです。

それから
大学時代の仲間で飲み会をするので、赤坂へ移動。

飲み会は、おいしい魚とお酒、そして昔話に花が咲きました!
思い出したくもない過去も思い出しましたが。。。
それは酒で忘れるとして、
これからもこういう関係がつづけばいいなぁと感傷にひたったり。
みんなが元気そうで、それぞれに活躍しているのがわかって、うれしかった。

日曜は、学会にでて、それから東京都水道歴史館に。
これは本当に面白かった。
最近、水利や水利用に関心があったので、
江戸や明治時代、そしてダム開発の歴史が手に取るようにわかって、
勉強になった。
江戸時代の木樋を用いた水利システムの構築と運営や
ダム建設にかける情熱などなど。

水は生活に欠かせないもの。
だけど、蛇口をひねれば水がでてくるといった生活になるまでには、
多くの技術進歩と人間のたゆまぬ努力があったのだということを
あらためて実感。

水道代も感謝して払います。

写真は、蛇体鉄柱式共用栓。
近代、水道管が走り始めたころは、一般家庭にまで蛇口はなく、
街に共用の共用栓がおかれていました。
それが蛇体鉄柱式共用栓。
そして、そのモチーフが蛇だったので、「蛇口」の語源になったそうです。
なるほど。

都市が発展して、多くの人々が住めるようになるためには、
多くの技術発展や整備が必要。
都市を支えた先人の努力に思いを馳せた東京の旅でした。

さ、今月の水道代を払おう。
  1. 2012/05/28(月) 19:19:47|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

雨男の生活改善

南仏・コリウールの夕べ

一人暮らしをはじめて、生活リズムにも変化が。
まず、朝。
だいたい7時前には起きて、洗顔、洗濯、朝食準備、ゴミ出し、掃除。
洗濯や炊飯は、前日の夜に予約スイッチをぽちっとするのだけど、
洗濯機横のゴミが気になったり、
シンクの汚れをゴシゴシしたりとしてたら
時間が。。。○| ̄|_

かあさん、朝、コーヒーをのみながら、優雅に読書する日々はまだ遠そうです
(遠い目)

あと、夜。
朝余裕をもてるよう、あまり夜更かししないように。
8時過ぎには出勤するので、夜無理にがんばらなくとも、と。

あと、あんまり夜ご飯を食べずに、朝ご飯をしっかり食べるようになった。
健康的にもいいかなと。
なにせますます自己主張するおなか。
もうすこしつつしまやかになってほしいものです。

朝、よく食べると午前中調子がいい。
夜遅いと午前は、10年前のコンピューターのように起動が遅くなるけど、
しっかり寝て、きちんとご飯食べると、
日中調子がいいので、仕事もはかどるってなもんですな
_(-_- )ノ彡☆ばんばん!

さ、来週もがんばろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
写真は、南仏コリウールの夕べ。
3月の旅のとき、撮りました。
遠くの月が幻想的。近くのレストランで食べた魚料理が絶品だった。

あ、そういや、このときも食べ過ぎて、。。。○| ̄|_
  1. 2012/05/25(金) 21:55:33|
  2. 日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

週末は東京へ

おっとっと

今週末は、東京に出張です。
とある学会があるので。
大学時代の友人たちともあう約束もあり、
そういった意味でもすこし楽しみです。

これから7月にかけて
2週間に一度はどこかで研究発表をするといった
ハードなスケジュールではあるけれど、
だいたい準備はできているので、あとは発声練習だけ
ヨーレイヒー(違っ

今日、いろいろな手配も終わり、順調に旅ができそうです。

  1. 2012/05/23(水) 20:49:37|
  2. 日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

グレイテスト エクリプス

今日は朝から日食をみられた方も多いのではないしょうか。
雨男も6時から準備して、
きっちりみました。

早朝、空を見上げていると、近所の小学生たちの声。
観察用のメガネをもってきておおはしゃぎでした。
そんななか、雨男は「聖闘士聖矢 ハーデス編」を
思い出していましたが、
小学生たちはこんな大人にならないように
勉強してほしいものです。

さてさて、先週は
とある論文集の〆切があり、四苦八苦していました。
まぁ、余裕出して先々週に映画やジムなんか行くから、苦しむことになるのですが、
なんとか〆切に間に合って昨日提出。
脳がフル回転で、おかしくなりそうでした。
いやぁ、今日なんて太陽が欠けて見えましたよ。

とはいえ、やっぱり息抜きも必要。
金曜の晩には、後輩たち連れて
イタリアンに行きました。

イタリアン

最近職場近くにできたお店。
小さいけど、雰囲気も良く、しかもうまい。
いうことなしです。
ハウスワインも安く、ついついおかわり。

パスタも自慢のピザも絶妙です。

程よく酔って、いい感じに。
これで〆切がないと。。。。
〆切が、、、、
zzzz



注.土曜日頑張りました。
  1. 2012/05/21(月) 19:22:57|
  2. 日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

朝のコーヒー

コーヒー

雨男は、現在、一人暮らし中です。
そこで毎朝役立っているのが、このコーヒーポッド。

ワキオさんの結婚式の引き出物としてもらったカタログで注文しました。
ワキオさん感謝です。
このまえコメントをもらったので、ブログでもお礼をと思ってthx

最近は、毎朝いれた
タンブラーにいれて、毎朝通勤中に歩きながらコーヒーを。

これで好きな缶コーヒー代も節約です。
1日1缶飲むとすると、1月で3600円。
1年だと、43200円にもなってしまいます。
我慢すれば、2泊3日の台湾旅行にいけるくらいです。
まあ、一年間缶コーヒー飲み続けると治療費がもっとかかりそうですが

しかし、自炊生活は大変だけど、楽しいです。
このブログもいつかは、料理ブログにしたいものです。
ファサー
  1. 2012/05/17(木) 21:46:51|
  2. 日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

旅の記憶

パリの街角

4月某日
雨男博士は、とある遺跡の掃除を手伝ってきました。
世界遺産登録を目指すその遺跡の掃除中に出会った
地元の方の一言が、印象深かったので、
ここに記すことに。

「俺はさぁー世界遺産になるのも大切だけど、
俺の子供とか、そのまた子供とかが、ずっとこの遺跡を守り続けていってくれれば、
それでもいいんだよなー」

文化や文化財は、次世代にその大切さを伝え続けてゆくことで、
守られてゆくもの。
基本的なことなのかもしれないけど。。。
あらためて学ぶことができました。

そういえば、ヨーロッパに旅した時も文化を大切にする姿勢を感じました。
案内していただいたフランスの先生が
「このあたりは、新しい建物ばかりだけど」とおっしゃったので、
「1950年代ですか?」と尋ねると
「いや、18世紀
( ̄△ ̄;)エッ・・?
「アノ、ニホンデハフルイッス」

もちろん地震が多い日本と比べるのは、マチガイなのだけど、
建物だけではなく、街の雰囲気全体を大切にする姿勢が
街角から伝わってきました。

変化を求める今の時代、
古きモノの良さを伝えることは想像以上に難しい。
だけど、きちんと伝えなければ、忘れ去られてゆくものも多いのも事実。
こういったことを考えた日曜の夜でした。
  1. 2012/05/14(月) 00:46:13|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

岡山にて

土曜日は岡山でした。
とある学会関係の仕事がありまして。
(きちんと研究者なのです)

終わったあと、一息つきたくて喫茶店に立ち寄りました。

訪れたのは岡山市北区奉還町にあるONSAYA COFFEE
岡山駅西口から徒歩15分といった距離にあり、
昭和レトロ感あふれる商店街のなかにあります。

coffee!

店内はJazzyで落ち着いた感じ。
注文はタンザニアに、プレーンワッフル。
満足
ゆっくり休憩して、あとは商店街を散策。
古き良き商店街といった感じで、活気がありました。
レトロな建物や店舗もあり、そういった意味でもいいですね。
こういったぶらぶらした休日は、実にリラックス。

帰ったら、しなければいけない仕事は山積みだけど、
そんなことはスッカリわすれて、
楽しむのがいいな、と。

来月も岡山に来る用があるので、今度はほかのところを散策しよう。
  1. 2012/05/13(日) 17:09:35|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

テルマエロマエ


こんばんわ
雨男博士です。
今日は17時に仕事を切り上げ、映画を見に行ってきました。
いわゆるアフターファイブというやつです!(古い?)

みてきたのは、話題の映画テルマエロマエ。
ローマの浴場技師が現代日本の風呂に感動する
人気漫画の映画です!
最近ローマの歴史が好きな雨男。
思わず(論文の締め切りやもろもろ忘れて)見に行ってきました。

いつかはローマも行きたい…

感想 → 風呂に行きたくなる(笑)

あと
平たい顔の種族め」とつぶやきたくなります。

小ネタがしこんであって楽しめる作品でした。
劇場からも笑い声が(笑)
久々の映画だったので、それもまたよかった。

しかし、阿部寛の名演技。
「Trick」「結婚できない男」など、真面目にコミカルな演技は流石!
竹内力兄貴をはじめ脇役たちもいい味だしてました。
オススメ!

映画はよかったのですが、〆切
どうしよう。。。
  1. 2012/05/11(金) 23:09:39|
  2. 日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

雨男、ジムに行く

ルーブルにて

こんばんわ。
雨男博士です。明日はとある関係で和歌山を訪れるのですが、
天気予報は最悪
大荒れの模様だそうです。

だけど、ひさびさの和歌山。
楽しんできたいと思います。

さて、今日はジムのはなし。
雨男博士は、もともと運動が得意ではなく、またしたいとも見たいとも思わなかったのですが、
あまりにデスクワークが多く、
運動不足になりがちです。
それに年とともに自己主張がつよくなるおなか。。。

このまえ、大学時代の先輩に
「おなかでてくるでしょ?」と言われ、黙っていましたが、
すいません。かなり自己主張してきてます。

なので、昨年8月くらいから時間を見つけてはジムに行くことに。
年度末は、旅に出ていたこともあり、仕事も忙しく、なかなかいけなかったのですが、
また最近通い始めました。

お決まりは20分の自転車、ストレッチ、筋肉トレーニング、500mほどの水泳。
だいたい2時間くらい。
とくにストレッチや水泳は、頭の体操もできて、
スッキリ。

目指すは、写真のような肉体美
なのですが、
ま、それはおいおい。
  1. 2012/05/08(火) 22:49:34|
  2. 日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

大和散策

連休の最終日は、奈良県に出かけました。
奈良県と言えば、文化財の宝庫。
何気なく通りすがる街並みにも多くの歴史が遺されています。
とくにこの季節は、新緑が本当にきれいなので、
散策に最適。
仕事も片付き、すこしリフレッシュもできるので、
大和路を歩こうと思い立ったわけです。

でもさすがは雨男
出発しようとドアをあけると、雨が降っていました。。。

今回の目的は、
「大布留遺跡展」(天理参考館)、
「三国志の時代―2・3世紀の東アジア―」(橿原考古学研究所附属博物館)という博物館の展示。
どちらも考古学の展示です。

「三国志の時代―2・3世紀の東アジア―」では、
三国志の時代、日本列島は決して東アジア社会の周辺だったというわけではなく、
中国・朝鮮と密接に交流したことが考古学からわかってきます。

「大布留遺跡展」は、古代の有力豪族・物部氏の実像が
発掘調査によって明らかとなってきたことがよく伝わる展示でした。

現在の街並みには、もう古代の景観そのものはのこってはいないけれども、
かつて古代史の舞台で活躍した豪族も
同じ新緑や日没を眺めたのだなぁと、妄想

雨男博士の母校(高校)は奈良にあります。
高校時代の友人と会うことができ、ランチを。
10年来の友人と近況などを話しながら、ゆっくりした休日を楽しむことができました。

ランチ♪

また、夜は奈良在住の尊敬する中堅研究者にお誘いを受け、ご挨拶
焼き肉をおごってもらいました!


すこし食べ過ぎたので、昨日はジムで泳いで運動しておきました。

充実した休日を過ごせたので、夏に向けて加速していけそうです。

余談

上の友達以外の友達と偶然出会った時のひとこと

「あ、雨男、おっさんになったね」
え、えーっっっと、
日本ではこういう挨拶ってありましたっけ。。
「Yo!Ossan n natane!(訳:やぁ、こんにちわ)」みたいな

そりゃ高校時代と比べるとおっさんになりましたよ。
残酷なまでの時の流れってなもんだすよ!
  1. 2012/05/08(火) 01:17:18|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:2

琵琶湖疏水

Sosui4

今日は、京都・琵琶湖疏水の水路閣に行ってきました。
疏水とは、他の水源から水を引く目的で造られた水路のこと。
日本を代表する近代化遺産の旅です。

新緑の季節、外に出るのにちょうどいい天気でした(夕方はやはり小雨が降りましたが。。。)

Sosui1.jpg

水路閣は、湯豆腐で有名な南禅寺のすぐ近くにあります。
まずは京都市営地下鉄の蹴上駅より、
「ねじりまんぽ」をとおって南禅寺へ
この煉瓦積みのトンネル、アーチ部分の煉瓦がねじるように積まれています。

トンネルをぬけると、そこは古き良き京都といった感じ。
南禅寺境内へと歩いてゆきます。

Sosui3

南禅寺で参拝して、水路閣到着。
決して某アニメのOPででてくるから、来たわけではありません。

明治維新後、東京遷都によって凋落しつつあった京都。
その京都を第3代京都府知事としてまかされた北垣国道知事は、
琵琶湖の水を京都盆地にひくことによって、工業化をはかろうと考えました。
水路閣はその疏水のひとつなのです。

Sosui2

琵琶湖疏水プロジェクトを設計・施工したのは、若干22歳の田邉朔郎工学博士。
若き才能が活躍できる時代でした。
近代化に向けて、全速力で進んだ明治時代の好エピソードです。

歴史ある寺院に、近代化を象徴する水路閣の調和。
こういう京都の歩き方も悪くないかもしれません。

「変わらないためには、変わらなければならない」

こういった言葉を思い出した一日でした。

Sosui7

夜は、学生時代、お世話になった先輩が博士号を授与されたので、
そのお祝い会@まそほ 京都店。

懐かしい顔ぶれがあつまり、
炭火で焼く魚介類に舌鼓をうちつつ、思い出話などに花を咲かせました。
(でもすこし食べ過ぎたかも。。。)


Y先輩、本当に博士号授与おめでとうございました!
  1. 2012/05/06(日) 10:21:05|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:4

朋あり、遠方より来る



昨日はとある研究プロジェクトの打ち合わせ。
研究プロジェクトを率いた先生の元に
大学院時代の苦楽をともにした先輩、仲間たちがあつまった。

写真は昼に食べた近場のお好み焼き屋。
学生時代、よく食べに行ったものだ。
懐かしくて、昔に戻った感覚。
あのころはそれぞれに不安も抱えてはいたけれど、
喧々諤々と議論した日々が今に生きていると思う。

とある研究プロジェクトは、もうすぐ完成。
雨男博士が大学院生時代の多くを費やしたプロジェクトだ。
今日、お好み焼きを食べた仲間たちが中心となって、
築きあげてきた成果だ
先輩や後輩には、多くの苦労や迷惑をかけた。
理解されないことも多く、唇を噛みしめたことも少なくなかった。
だけど、
完成が近づいた今、
胸を張れるものにはなったとおもう。

打ち合わせ後は、先生をかこんで飲みに。
先生も上機嫌で、おごりだったのがうれしかった。

それぞれの立場で活躍する仲間たちの姿に
頼もしさと誇らしさを感じた。
先生もきっとそうだろう。

帰り道、大きく背伸びして
もっとがんばろうとおもった。

あの忘れえぬ日々、そのためにいま、生きている。
  1. 2012/05/05(土) 09:51:40|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英国図書館の入口

thebritishlibrary

こんにちわ。
雨男博士です。
第2号記事は、昨年夏に訪れた英国博物館入口より。

煉瓦造りの英国図書館は1982年の築造。
鉄門の後ろにみえる像は、コンパスを持ったニュートンです。

鉄門に書かれたBRITISH LIBRARYの文字もカッコいいですが、
印象深かったのは、右の看板。

"Knowledge is of two kinds. We know a subject ourselves, or we know where we can find information upon it."
— Samuel Johnson
だいたいで訳すと、 「知識ってのは2種類あって、「そのものを知ってる」ってことと「その情報がどこで見つかるのかを知ってる」ってこと」(間違っていたらすいません)。

「ここだよー」と自負する「大英」図書館の矜持もまた素晴らしいものだけど、
知識へのアクセスを提供することの大切さを感じた旅のひと時でした。
  1. 2012/05/03(木) 11:49:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

はじめに

はじめまして。
「雨男博士の日常」を管理している雨男博士です。

このブログは、雨男博士が出会った文化財や日常のよしなしごとをつづっていくためにはじめました。

雨男博士は、現在、関西の片隅に住んでいるアラサ―の研究者です。
とある研究に没頭する毎日です。

趣味は古い景観、街や地域の過去をみて歩くこと。
こういった「文化財」「文化遺産」「外部記憶」はともすれば失われていってしまうものだけれど、こうして記憶にとどめておくことによって、その大切さを少しでも伝えていければと思ってブログをはじめました。

「生命の本質が遺伝子を介して伝播する情報だとするなら、社会や文化もまた膨大な記憶システムに他ならないし、都市は巨大な外部記憶装置ってわけだ。」映画INNOCENCE、バトーの台詞より

このブログを読んでいただくあなたにも、僕が見聞きするものの中から、新しい発見を、提供できればいいなと思っています。

  1. 2012/05/03(木) 10:51:44|
  2. 自己紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (23)
自己紹介 (1)
旅 (407)
日常 (592)
勉強 (6)

プロフィール

雨男博士

Author:雨男博士
関西在住の雨男博士です。
歴史や文化財めぐりが趣味です。
だけど、旅先はいつも雨。。。

リンク

このブログをリンクに追加する